2008-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取材とか、打ち合わせとか。

 先週は、打ち合わせ一件、取材一件、その他はずっと家に引きこもって書籍の執筆に勤しんでおりました。

 この書籍、かなりのボリュームがあるため、かれこれ足かけ3ヶ月作業をしておりますが、やっとゴールが見えてきたかな、という感じ。仏教に関する本ですが、久しぶりに仏教書各種をひもとき、辞書と首っ引きになっての執筆となりました。作業をしながら、やはり仏教は奥深いなあと思うことしきり。わかっているつもりだったことにも、新たな発見があるなど、大変自分にとっても意義深い仕事になった感じがしております。
 こちらが終わると、今度は哲学関係の書籍の仕事が。こちらは編集のみの関わりになりますが、もうしばらく形而上のことに頭を巡らす日々が続きそうです。
スポンサーサイト

サイゾー3月号

 本日発売になったばかりのサイゾー3月号の第2特集「『世界遺産』になるのはおトクか!?」で、漫才師パックンマックンのパックンこと、パトリック・ハーランさんへのインタビュー記事を担当しております。

サイゾー 2008年 03月号 [雑誌]サイゾー 2008年 03月号 [雑誌]
(2008/02/18)
不明

商品詳細を見る


 去年、世界遺産に石見銀山が登録されましたが、なにやらとてつもなくショボいという噂が立ち始めております。実際には、石見銀山から産出した銀が17世紀頃の世界経済に与えた影響や、当時既に環境に配慮した採掘方法・山林保全などが図られていたことなどを評価した文化遺産としての登録であり、登録対象も銀鉱山跡と鉱山町のみならず、銀を運んだ街道や港町などまで広範な地域にわたっているのです。
 ですが、わたしたちは、どうしても世界遺産=はでな建物・自然と思ってしまいがち。
 そういったことも含め、世界遺産って何? なんで自治体は世界遺産登録に燃えてるの? という素朴な疑問に答えた特集です。

 パトリックさんは、富士山の世界遺産登録をめざす団体、233フェローに参加されているほのど富士山好き。すでに3回も登っているというんですから、すごいです。(ちなみに私は登った事はありません。たぶん一生登らないと思います……) そんなパトリックさんに、富士山への思いを聞きました。
 ぜひご覧になって下さい。


 ところで、表紙の美女、誰だと思います?
 最近注目を集めつつある、あの女性なんですが……。わかりますか?
 こうしてみると、やっぱりきれいです。なのにまた、なんであんな……。そのギャップがおもしろいんでしょうけど……。

ダ・ヴィンチ3月号

 お陰様で最近とても忙しく、ついついブログがお留守になってしまっています。
 そうこうしているうちに、ダ・ヴィンチ3月号が発売されました。

 P62のダ・ヴィンチほりだし本『ひとにぎりの異形』で、監修者井上雅彦さんのインタビューを担当致しました。
 とても柔らかな物腰の井上さん、”伯爵”の異名が納得の素敵な方でした。
 異形コレクションの来し方行く末、そして「ショートショート」というジャンルへの思い入れについて、貴重なお話を伺っております。

ダ・ヴィンチ三月号


 ダヴィンチ3月号

 ぜひお手にとって、記事をご覧下さい。

NEW *TOP* OLD

プロフィール

門賀美央子

Author:門賀美央子
名前 : 門賀美央子
     (もんが・みおこ)
職業 : フリーライター
メールアドレス : info@monga.jp
※スパム対策として@を全角文字にしております。メールを下さる場合は、@を半角に直してください。

主な執筆分野は
・人物インタビュー
・文芸諸ジャンル
・仏教など宗教系
・神社仏閣/伝説探訪記事
・日本の伝統芸能/文学
・サブカルチャー系「歴史・民俗」「オカルト」などのジャンル
・各種書籍構成

 WEB幽連載記事「全国神社仏閣お化けつき 」 
  URL: http://www.mf-davinci.com/yoo/index.php

 ブログ「百観音巡礼」
  URL: http://ameblo.jp/nihonjyunrei/

最近の記事

ご覧頂きありがとうございます!

フリーエリア

最近のトラックバック

最近のコメント

RSSリンク

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。