2008-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪談小説 夏まっさかり!

 なんだかバタバタしていたら七月もすでに終盤……。本当に月日の経つのは早いです。

 いよいよ夏本番ですね。毎日暑いですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
 私はすでに夏ばてしています ほんと、暑いの苦手なんです……。

 やっぱりこう言う時こそ怪談ですよ、怪談! 私的には妖怪はお彼岸ころ、怪談はお盆ごろ、ホラーは年の瀬というのがベストシーズンなんです。(自分でも若干意味不明ですが、分析するに妖怪巡りには春秋、怪談を読み聞きするには夏、ホラー映画を見るには冬ということでしょうか)

 ありがたいことに今年もたくさんの読むべき怪談がリリースされております。まずは読んだものからご紹介を。

 私にとってこの夏一番の収穫は、東雅夫さんの『文豪怪談傑作選 特別編 文藝怪談実話』です。

文藝怪談実話 (ちくま文庫 ふ 36-8 文豪怪談傑作選 特別篇)文藝怪談実話 (ちくま文庫 ふ 36-8 文豪怪談傑作選 特別篇)
(2008/07/09)
遠藤 周作

商品詳細を見る


 各界の著名人が発表した怪異実体験談がこれでもかこれでもかと詰め込まれたこの一冊。巻末の初出一覧を見て、もう感銘を受けるほかありませんでした。アンソロジストとしての本領発揮というか、よくもまあこんなところ(どんなところかは初出をご覧あれ)に掲載されているものまでご存じなものです。
 読んでいておもしろいなと思ったのが、ほとんどの方々が「私は霊なんぞ信じていなかったが……」的なエクスキューズをつけて語っていらっしゃるところ。霊の存在を全肯定することには躊躇しつつ、だが自分の体験を解釈するには「霊」の実在をもってするしかない、という葛藤が感じられて、今も変わらぬ人情だなあと微笑ましく思いました。
 また、本書の圧巻は田中河内介に関する記述をまとめた一章です。田中河内介の因縁話はいわゆる「実話怪談」としては珍しく起った場所も時間も目撃者もはっきりしています。それにも関わらず、よくもまあこれだけバリエーションがあるなあ、と。人間の認識なんて実に当てにならないものですね。だからこそ、怖さが潜む余地があるのかもしれませんが。
 毎回楽しみにしている文豪怪談傑作選シリーズですが、その中でも白眉の一冊なのではないかと、僭越ながら思った次第です。


 次は実話繋がりで福澤徹三さんの『いわくつき日本怪奇物件』を。

いわくつき日本怪奇物件 (ハルキ・ホラー文庫 ふ 1-2)いわくつき日本怪奇物件 (ハルキ・ホラー文庫 ふ 1-2)
(2008/07)
福澤 徹三

商品詳細を見る


 私が福澤さんの実話怪談が好きな理由、それは「煽る書き方」をなさらないところにあります。あくまでも「体験したのではなく、聞いた話である」ということを前提に、いわば記録者としての視点を常に堅持されているように感じるのです。怪談というと「怖がらせてやろう」とするあまり、えらく力が入った文章になってしまいがちですが、私が好きなタイプの実話系の怪談は「こういう話を聞きました。私は怖いと思ったんですが、どうでしょうか?」ぐらいのスタンスで書かれたもの。そういう意味で、福澤さんのお書きになるものの温度は、私にとって一番心地よく感じる頃合いなんだと思います。
 途中数カ所に挟まれているいわゆる「心霊スポット」の写真、これはあそこだよな、とか、これはどこだろう? とか思いながら見るのもまた楽しいのではないでしょうか。

 ちょうど「実話系」という言葉を出しましたので、次はそれがそのままずばり書名になっている本のご紹介を。
〔MF文庫 ダ・ヴィンチ〕怪談実話系 書き下ろし怪談文芸競作集 (MF文庫 ダ・ヴィンチ ゆ 1-1)〔MF文庫 ダ・ヴィンチ〕怪談実話系 書き下ろし怪談文芸競作集 (MF文庫 ダ・ヴィンチ ゆ 1-1)
(2008/06/21)
安曇潤平、岩井志麻子、加門七海、木原浩勝、京極夏彦、小池壮彦、立原透耶、中山市朗、平山夢明、福澤徹三

商品詳細を見る


 あまりにまんまのタイトルで、最初に見た時にはびっくりしたのですが(笑)。
 これ以上ないのではないかと思うぐらい豪華なメンバーを集めた「実話系」怪談の競作集です。私はこの一冊で、「実話」といっても多彩なアプローチがあるんだってことを改めて認識させられました。同じシリーズばかり読んでいると、ついついジャンルへの認識も偏古になってしまいますが、こうやって各ジャンルのみなさん(しかも一流どころばかり)が出そろったものを読むと、そういうのも解消しますね。ものすごくお買い得な福袋のような一冊でした。

 この『怪談実話系』は、ダ・ヴィンチ文庫の創刊ラインナップの一冊だったのですが、同時に水沫流人さんの『マリオのUFO』宇佐美まことさんの『虹色の童話』も発売されました。

 まず、水沫さんの『マリオのUFO』から。
〔MF文庫 ダ・ヴィンチ〕マリオのUFO (MF文庫 ダ・ヴィンチ み 1-1)〔MF文庫 ダ・ヴィンチ〕マリオのUFO (MF文庫 ダ・ヴィンチ み 1-1)
(2008/06/21)
水沫流人

商品詳細を見る


 読後、ちょっと感動を押さえきれませんでした。水沫ワールドここに完成、だなと思って。
 まず文学作品として素晴らしい。純文学の人たちは、どうしてこれに注目しないのですか? こういう作品を発掘してこそ、読書の喜びだと思うのですが。
 少年の目線で描かれた異国の社会は、リアリティとファンタジーがないまぜになったような、なんともユニークな世界です。子供が叙述しているからでしょうか、生も死も日々の営みも、どこか幻灯のような頼りなさを漂わせています。行間から立ち上ってくる、名づけがたい空気感。きっとこれは、私がまだ体験したことのないブラジルの街の空気なのでしょう。表題作「マリオのUFO」もよいですが、私は併録の「リオ・ブランコ」に特に強く惹かれました。ついつい、何度も読んでしまいます。
 ストーリー運びに頼らない、小説を構成する一切が渾然一体となって文学に昇華するこの感覚。久しく味わえなかった「文学を読む楽しさ」を味わわせていただきました。

〔MF文庫 ダ・ヴィンチ〕虹色の童話 (MF文庫 ダ・ヴィンチ う 1-1)〔MF文庫 ダ・ヴィンチ〕虹色の童話 (MF文庫 ダ・ヴィンチ う 1-1)
(2008/06/21)
宇佐美まこと

商品詳細を見る

 
 一方、宇佐美さんの『虹色の童話』は初の長編。そして、ものすごく正統派の怪談になっています。
 人が生きていく上で不可避な感情の澱が、臨界点を超えた時に発動する怪異。ああ、人間って、なんて業の深い生き物なんでしょう。極端な悪人もいない代わりに、根っから善良な人間もいない宇佐美さんの小説世界。これが、人を描くリアルってもんなのだと思います。
 その人間存在のいやらしさを、抑えた筆致と巧みな伏線で書ききったこの作品。毎回同じ事を言うようで恐縮ですが、これこそまさに「大人の怪談」です。生活者じゃなきゃ書けない怪談です。だから、怖いのです。読後に思ったのですが、宇佐美さんの世界が、実は一番江戸怪談の世界に近いのではないかなという気がしています。これからも楽しみです。

 ところで、最近の若い人は怪談というともひとつピンと来ないけど、「都市伝説」っていうと喰いつきがいいそうで(笑)。

100KB[キロババア]を追いかけろ100KB[キロババア]を追いかけろ
(2008/07/11)
黒 史郎

商品詳細を見る

 
 またまた出ました、黒史郎さんの新作。今度は講談社から、ハードカバーです。
 まずは帯文のかっこよさに感動。
「見逃すな! このB(ババア)は音速だ!」 by平山夢明
 ……この帯文が音速です(笑)。
 そして、本の内容。たしかに、ものすごく青春小説でした。そして、ものすごく黒さんでした!
 たぶん、デビュー前にWEB上で発表されていた作品のテイストに一番近い小説になっているんではないか、と黒ウォッチャーである私は思います。
 毎回「とりあえずさわりだけ読もう……」と読み始めると、知らん間に最後まで読まされるはめになるわけですが、本書もその例外ではなく。エンターティメント小説の王道です。そして、黒鶴見とでもいうべきこの街に仕掛けられた色んなトラップ。これ、今後も別の作品なんかで出てくるんじゃないかな?
 優れたエンターティメント作家は、ほとんどの方が壮大なインナーワールドを持っていらっしゃいますが、黒さんの鶴見(だから黒鶴見と勝手に呼んでます)も、発現の場を得て、これからどんどん増殖していくんではないかなー、と。この作品が『楽園都市』書籍化のマイルストーンであることを願って。

 ああ、ここまでで盛りだくさんになってしまいました。
 今日の所は、これにてひとまず。でも、まだまだご紹介したい本は山ほどあります。近日中にアップしますので、ご期待下さい。
スポンサーサイト

ネット予約始まっています 「観音霊場めぐり 西国編」

 学研エソテリカで初仕事となる『観音霊場めぐり 西国編』のネット予約が始まっているようです。

 この本は、学研エソテリカ別冊として「日本最古の聖地巡礼の旅、西国(近畿)の33の古寺とその本尊である観音菩薩像を総紹介する一冊。今年は、西国巡礼の開祖・花山法皇の一千年忌にあたっており、数百年ぶりの秘仏開帳をふくめ、三十三ヵ所すべての本尊が開帳を行う。その最新情報も満載!」というコンセプトで作られておりまして、私は三十三所全寺の本文とコラムを担当させていただきました。単なるガイドブックとしてだけではなく、各寺の観音にまつわる伝説をふんだんに記載しております。霊験譚は怪談・妖怪のルーツ。その方面がお好きな方もぜひご覧下さい。
 現在の所、店頭に並ぶのは8月初旬の予定。確実に手に入れるためには、ビーケーワンなどでのご予約をおすすめします。

ビーケーワン (お買い上げはぜひこちらで
http://www.bk1.jp/product/03016108

セブンアンドワイ
http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/R0352896

Yahoo Books
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/r0352896

 これとは別に手がけていた仏教はやわかり本も、今秋には発売の予定です。
 そちらも詳細わかり次第アップしますので、お楽しみに!

サイゾー 8月号

サイゾー 2008年 08月号 [雑誌]サイゾー 2008年 08月号 [雑誌]
(2008/07/18)
不明

商品詳細を見る


 もうすっかり真夏な日々ですが、今年はオリンピックイヤー。
 それでなくともクソ暑い上に、環境が色んな意味で終わっている北京で行われるオリンピック、世間様的には盛り上がっているのでしょうか? 私はもともとスポーツに興味がないので、今回も華麗にスルーといったところなのですが、サイゾーはスルーいたしません! 四年に一度の大典の裏側にがっちり迫っております!
 しがらみだらけのスポーツ誌や大手一般誌では読むことができない、オリンピックの真の姿が暴露されまくっています。スポーツ? それおいしい? っていう私でも、こういう記事なら楽しめてしまいます(笑)。
 
 とはいえ、オリンピック記事は私も一読者でして、今回関わりましたのは、第三特集「<海外文学>新訳ブーム 誤訳・珍訳で大わらわ!?」というところです。
 スタンダールの「赤と黒」が新訳で出たところ、それが誤訳だらけとかみついた学者が大暴れして、おかげで図らずも注目を集めることになった海外文学の翻訳事情。特集タイトルは扇情的ではありますが、内容はかなりシリアスに「翻訳の世界」にわけいっております。
 私の担当部分は、あのサトエリこと佐藤江梨子さんと辛酸なめ子さんの対談記事です。
 サトエリちゃん、やっぱりお人形のように可愛かったです
 すでに記者発表されているとおり、あの太宰の「斜陽」映画化で主役をはるということで、役作りのために基本おすましモードだったのですが(彼女の役作りへの真摯さには頭が下がる思いがしました)、時折見せてくれる素の笑顔は、もうギガトン級の破壊力でした。
 一方、辛酸なめ子さんは、座っておられるだけでユニークな個性と鋭い観察眼が感じられる女性でした。とても控えめながら、要所要所ではずばっと切り込まれるところは流石というか……。あの独特のエッセイは、こうした視線から生まれるのだなあと、大変勉強になりました。
 今回の企画では、おふたりが『ライ麦畑でつかまえて』の一部訳に挑戦されています。個性にじみ出る訳文です。どうぞそちらも楽しみにご覧下さい。

 というわけで、今月号もよろしくお願いいたします!

「士業ねっと!全国版」に知人が!

 おいしいものを一緒に食べに行くお友達の一人、行政書士の關口勝生さんが「士業ねっと!全国版」の「突撃!サムライレポート」で紹介されました。

大田区 行政書士 關口行政書士事務所の關口勝生先生を取材!!
http://www.sigyo.net/report/2008/06/post_394.html

 この「士業ねっと!全国版」とは、弁護士や税理士、行政書士など、「士」がつく職業を営む人々とその力を必要としている人たちとを結びつける、地域密着型のマッチングシステムです。
 關口さんは、私とほぼ同じ時期に独立されたのですが、すでにバリバリとお仕事をされ、着実に実績をあげていらっしゃいます。そのバイタリティには脱帽! いつも「すごいなあ」と関心しておるような次第です。
 行政書士とは、行政機関に提出する許認可申請書類等や契約書・遺言書等の「権利義務、事実証明に関する書類」の作成・代理などの法律事務を業とするお仕事です(Wikiより抜粋)。關口さんは、とっても誠実で、信頼のできるお人柄。何か相談事がある方は、気軽にコンタクトをとってみてくださいね!

 詳しくは、↓↓↓で!
ホームページ (http://www.sekiguchikatsuo.com/
ブログ (http://ameblo.jp/sekiguchikatsuo

ダ・ヴィンチ8月号

 ダ・ヴィンチ8月号が出ました!

ダ・ヴィンチ 2008年 08月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2008年 08月号 [雑誌]
(2008/07/05)
不明

商品詳細を見る


 今月も蒼井優さんの表紙。5月号でこぼしたワインの色が染まったかのような、鮮やかな赤のワンピース姿です。本屋さんでも目立つでしょうねー。

 今月は2つのインタビューと対談のまとめ、そして書籍紹介のページなどを担当致しております。

 まずは、「今月のブックマークEX」コーナーより、仙川環さんインタビュー。新刊『治験』(双葉社)の発売に合わせてのインタビューです。写真の通り、ユニセックスな感じのサバサバとしたかっこいい方でした。『治験』も夏休みに読むにはうってつけのライトな医療サスペンスです。お見逃し無く!

 次は、「今月のブックマーク」コーナーより、黒川博行さんインタビュー。南大阪にあるご自宅に伺っての取材でした。『蜘蛛の糸』(光文社)と、なにやら文学の薫り高きタイトルのつけられたこの作品、実際の所は抱腹絶倒のユーモア小説集だったりします。むちゃくちゃおもしろいです。ホラー映画がお好きだということで、吸血鬼騒動のドタバダコメディもあったり。ちょっとウッドハウスの「ジーヴスもの」に通じるバカバカしたもあり、で、私としてはかなりお勧めの一冊です。

蜘蛛の糸蜘蛛の糸
(2008/06/20)
黒川博行

商品詳細を見る


 PHP研究所から、「心の友だち」というシリーズが発刊されることになり、そのラインナップの紹介記事がP65にあります。いわゆるヤングアダルト層にむけ、各界で活躍中の人々がメッセージを送る内容の本なのですが、どれもご自身の若い時代のエピソードを赤裸々に書くことで、今の若い世代にも共感を持てるようにしてもらおうという作りになってます。そして、語りかけるような文体がとても読みやすい。モラトリアムが三十代までも続いているといわれる現代ですから、大人にも読んでもらいたいシリーズです。特に板東眞理子さんの『大人になる前に身につけてほしいこと』は全大人必読何ではないかと……。

大人になる前に身につけてほしいこと (心の友だち―YA心の友だちシリーズ)大人になる前に身につけてほしいこと (心の友だち―YA心の友だちシリーズ)
(2008/06/27)
坂東 眞理子

商品詳細を見る


挫折と挑戦 (YA心の友だちシリーズ)挫折と挑戦 (YA心の友だちシリーズ)
(2008/06/27)
中竹 竜二

商品詳細を見る


受験生の心の休ませ方 (YA心の友だちシリーズ)受験生の心の休ませ方 (YA心の友だちシリーズ)
(2008/06/27)
加藤 諦三

商品詳細を見る


自分の顔が好きですか? (YA心の友だちシリーズ)自分の顔が好きですか? (YA心の友だちシリーズ)
(2008/06/27)
かづき れいこ

商品詳細を見る


なによりも大切なこと (心の友だち)なによりも大切なこと (心の友だち)
(2007/03/17)
あさの あつこ

商品詳細を見る


 そして、今月の第二特集「ここから始まるファンタジーの新しい波」コーナーは、ハリー・ポッター完結記念に組まれた特集ページです。ここの「ここから始まる新たなファンタジーの波」から「あさのあつこ×荻原規子」スペシャル対談までを担当しました。私もファンタジー好きでは人後に落ちないつもりではいるのですが、いかんせん生来的に古典主義なものでして、新しい流れにはついていけていないところもあったのですが、今回の特集に関わることでよい勉強をさせていただきました。
 特に角川書店の新企画「銀のさじ」シリーズは、日本のファンタジーの最強レーベルとして育っていく予感大。この対談のために、一足早くあさのさつこさんの『ヴィヴァーチェ』と荻原規子さんの『レッドデータガール』をゲラの段階で読むことができたのですが、久方ぶりに子供の時に感じていた「物語」へのワクワク感が蘇ったというか。ほんと、最高におもしろかったです。私の中の、子供向けSF全集を読破した私は『ヴィヴァーチェ』がよいと申しておりますし、修験道やらに目覚めた頃の私は『レッドデータガール』の続きが読みたいとブーブー言っております。お子様たちにはぜひ与えてあげてほしいと思う一方、皆さんの中にいる子供にも与えてあげてほしい本です。
 ちなみに対談の司会は東雅夫さんでした。相変わらずの博覧強記ぶり、感心いたしました。

ヴィヴァーチェ  紅色のエイ (カドカワ銀のさじシリーズ)ヴィヴァーチェ 紅色のエイ (カドカワ銀のさじシリーズ)
(2008/07/04)
あさの あつこ

商品詳細を見る


RDG レッドデータガール  はじめてのお使い (カドカワ銀のさじシリーズ)RDG レッドデータガール はじめてのお使い (カドカワ銀のさじシリーズ)
(2008/07/04)
荻原 規子

商品詳細を見る


 そういうわけで、今月もお買い上げのほどよろしくお願いいたします。

NEW *TOP* OLD

プロフィール

門賀美央子

Author:門賀美央子
名前 : 門賀美央子
     (もんが・みおこ)
職業 : フリーライター
メールアドレス : info@monga.jp
※スパム対策として@を全角文字にしております。メールを下さる場合は、@を半角に直してください。

主な執筆分野は
・人物インタビュー
・文芸諸ジャンル
・仏教など宗教系
・神社仏閣/伝説探訪記事
・日本の伝統芸能/文学
・サブカルチャー系「歴史・民俗」「オカルト」などのジャンル
・各種書籍構成

 WEB幽連載記事「全国神社仏閣お化けつき 」 
  URL: http://www.mf-davinci.com/yoo/index.php

 ブログ「百観音巡礼」
  URL: http://ameblo.jp/nihonjyunrei/

最近の記事

ご覧頂きありがとうございます!

フリーエリア

最近のトラックバック

最近のコメント

RSSリンク

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。