2008-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイゾー9月号

サイゾー 2008年 09月号 [雑誌]サイゾー 2008年 09月号 [雑誌]
(2008/08/18)
不明

商品詳細を見る

 
 うっかりして書いてなかったのですが、サイゾー9月号、発売しております!

 今号は「赤んぼ少女」で主役の少女を演じた新進女優 水沢奈子さんのインタビューを担当しました。いやー、美少女って、ほんとうにいるものなんですねえ……しみじみ。私の周辺にはあまりいなかったのでCGなのかと思ってましたよ。顔はちっちゃいし、スラッとした体型が妖精のようだし、なんかもう同じ日本人だとは思えないというか……。
 先日、別件でインタビューした作家の恩田陸さんが「最近の子を見ていると、人間というのは短期間で『こうなりたい!』と思うとおりに進化できるのではないかと感じる」とおっしゃっていたのですが、まさに然り。小顔で足が長くってスラッとして~、というのは敗戦後、アメリカ文化を見てカルチャーショックを受けた日本女性一般の希求だったわけですが、それを今の十代は体現していますものね……。 
 閑話休題。
 水沢奈子さんはまだ中学二年生ですが、ハキハキと話すチャーミングなお嬢さんでした。とてもユニークな感覚を持っていらして、「これからはどんな映画に出たいですか?」と聞くと、「コブクロが好きなので、コブクロが主題歌を歌う映画に出たいです!」と元気に応えてくれました。これ、大人では思いつかない答えだと思います(笑)。
 とにかく、見ているだけで和んでぐる美少女ですが、なかなか度胸は据わっている様子。まだまだこれからの、ピカピカの個性。どうなっていくか楽しみです。

 その他、メイン特集は「可愛い犬・猫スキャンダル」
 可愛いだけではすまない、ペット業界の内部を見ることができますよ。

 今月号もサイゾーをどうぞよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

asta* 9月号

 ポプラ社のPR誌「asta*」で「『てのひら』生まれの新人作家 私はこうして作家デビューしました! 」鼎談のまとめをさせていただきました。

asta* 9月号(URL:http://www.poplarbeech.com/asta/asta.html)

asta* 9月号


 今回、いろいろと興味深い話を聞かせてくださったのは、第一回『幽』怪談文学賞長編部門大賞受賞者である黒史郎さん、第二回『幽』怪談文学賞短編部門特別賞受賞者である勝山海百合さん、そして第十五回日本ホラー小説大賞短編賞受賞である田辺青蛙(せいあ)さんの皆さん。このお三方は、鼎談のタイトル通りポプラ社刊の『てのひら怪談』シリーズの常連寄稿者でもいらっしゃいます。
 「てのひら怪談」シリーズは、すでに単行本が三冊、そして最初の一冊が文庫化するなど快進撃を続けていますが、実はまだ産声を上げて1年半しか経っておりません。それにも拘わらず、そこから3人ものプロ作家を輩出したのですから、これは快挙なんではないでしょうか。
 今回の鼎談では、主にお三方が小説や怪談を書き始めた切っ掛けや収録作秘話などを伺いました。ものすごく盛り上がった雰囲気、少しでも伝わればいいのですが……。実は、当日の会場には「てのひら怪談」シリーズの編者のお一人である東雅夫さんもいらっしゃいまして、大変和気藹々となり……なりすぎて話があっちゃこっちゃに飛び、司会を拝命していた私としては軌道修正がなかなか大変だったのでした。田辺さんはライダースーツのようなものを着てるせいで暑そうでしたし。(エヴァンゲリオンのプラグスーツというものだそうですが、私にはどうしてもライダースーツにしか見えず)。
 asta* はPR誌ですので、一部の書店の店頭で無料配布されていますが、確実に手に入れるためには年間購読を申し込むとよいようです。くわしくは上記のURLをご参照下さい。

 てのひら、といえば、8月24日 京都太秦映画村でミニ怪談イベント「東雅夫 Presents 小さな小さな怪談の宴」が開催されます。このイベントでは、てのひら怪談の選者である加門七海さんと福澤徹三さん、そして森山東さん(第十一回日本ホラー小説大賞短編賞受賞者)やタカスギシンタロさん(ライター/超短編同人)の超短編勢も参加してのトークショーが行われるとか。
 てのひら怪談と超短編は、掌編公募企画という共通点があります。ミニマムだけど奥深く幅広い世界の様子をのぞくには、うってつけなイベントかも。
 私も参加するつもりなので、今から楽しみです。

てのひら怪談―ビーケーワン怪談大賞傑作選てのひら怪談―ビーケーワン怪談大賞傑作選
(2007/02)
我妻 俊樹

商品詳細を見る

 
てのひら怪談―ビーケーワン怪談大賞傑作選 (2)てのひら怪談―ビーケーワン怪談大賞傑作選 (2)
(2007/12)
加門 七海福沢 徹三

商品詳細を見る


てのひら怪談 百怪繚乱篇―ビーケーワン怪談大賞傑作選てのひら怪談 百怪繚乱篇―ビーケーワン怪談大賞傑作選
(2008/06)
クジラマク

商品詳細を見る


てのひら怪談―ビーケーワン怪談大賞傑作選 (ポプラ文庫 か 2-1)てのひら怪談―ビーケーワン怪談大賞傑作選 (ポプラ文庫 か 2-1)
(2008/06)
我妻 俊樹

商品詳細を見る

ダ・ヴィンチ9月号

ダ・ヴィンチ 2008年 09月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2008年 09月号 [雑誌]
(2008/08/06)
不明

商品詳細を見る


 ダ・ヴィンチ9月号が出ました。
 今月は、七月に上梓されたばかりの『幽談』特集の記事を手がけました。
 作品解題と京極さんへのインタビューをやっております。京極さんとは時々妖怪などのお話をする機会はあるのですが、お書きになった作品についてがっつりと伺ったことはありませんでしたので、取材とはいえ大変良い経験になりました。あらためて「京極夏彦」という作家のすごさを実感したような次第です。

幽談 (幽BOOKS)幽談 (幽BOOKS)
(2008/07/16)
京極夏彦

商品詳細を見る


 ところで、実はこの日、別室でもうすぐデビュー作『竜岩石とただならぬ娘』が出る勝山海百合さんのインタビューを幽のレビュアーでおなじみの朝宮運河さんがやっておられたり、ビーケーワンの辻さんとタカワザワケンジさんがやはり京極さんのインタビューをされていたり、隣室でミステリーチャンネルの撮影をしていたり、と何だかとても濃い空間がMFの社内に発生していたのです。いや、ほんとに濃密でした(笑)。

『竜岩石とただならぬ娘』は第二回幽怪談文学賞受賞作出版のしんがりを勤める作品になりましたが、それにふさわしい力作のようです。今からとっても楽しみです。どうやら太秦の幽イベントの折には購入できるようですので、そこで買いたいと思っております。

〔MF文庫ダ・ヴィンチ〕竜岩石(りゅうがんせき)とただならぬ娘〔MF文庫ダ・ヴィンチ〕竜岩石(りゅうがんせき)とただならぬ娘
(2008/08/21)
勝山海百合

商品詳細を見る


 それにしても宮部みゆきさん特集はとってもおもしろかったです! 『おそろし』、未読なのですが、早く読まないといけませんね。

神秘之日本 本田探検隊シリーズ

 今回、初めてWEB媒体の仕事をさせていただきました。
 場所は、講談社の“ハイクオリティ・才能ポータル MouRa[モウラ]”の中の名物コーナー「神秘之日本 本田探検隊シリーズ」(URL:http://bachelors.moura.jp/?p=958

 このコンテンツは、作家の本田透さんが、「隠された歴史、伝説、噂の謎に挑む」をコンセプトに、怪しいモノゴトを体当たり取材される、実に興味深いものなのですが、今回は8月特別企画として『新耳袋』の中山市朗さんとの対談が実施されたのです。
 そのまとめをさせていただきました。

 その中味は、実際に上記のURLをポチッとな、して読んでいただくとして、とにかく中山さんのサービス精神あふれるお話の数々に「しみじみ役得だなあ」と感じた取材になりました。誌面(というか、ブラウザ面?)の関係上、割愛したエピソードも多々ありまして非常に申し訳ないのですが、現場にいた私は盛りだくさんのお話を聞かせていただき、気分はすっかり新耳ライブ。
 本田さんからも、実体験の不思議な話が飛び出し、対談は予想以上に濃い方向へ。一怪談好きとして至福の時間でした。

 ただ一つ残念なことが。
 取材は都内の某所で行われたのですが、その場所を指定したのは中山さんだったんです。理由は、「前にここで取材した時、怪奇現象がおこったから」。今回も何か起こるのでは……と一同期待ムンムンだったのに、結局は何も起こらず。
 その場ではいいませんでしたが、実は私、怪談雑誌に参加さしていただき、あまつさえ自分で怪談を書くくせに、究極の心霊クラッシャー女でして……。どれだけ「出る」と言われる場所に行っても、私がいると出ない。よく怪談系の取材をするとレコーダーが壊れるとか、変な音が入ってるなどのトラブルがあるなんて言いますが、私の場合、そんな経験すらありません。木原浩勝さんにさえ、「そういえば、怪談ハンター(雑誌『幽』で連載されている怪談渉猟企画)じゃ全然そんなこと起きないね」とお墨付きをいただいているぐらいでして。

 その場では申し訳なくてカミングアウトできなかったのですが、編集者のHさん。期待された怪異が発生しなかったのは、たぶんHさんのせいではなく、私のせいだと思います……。

 でも、怪しいことはおこらなくとも、対談はすばらしくおもしろいものでした。
 前後編に分かれ、二週にわたってのアップになりますが、ぜひお楽しみ下さい。

なまなりさん (幽BOOKS)なまなりさん (幽BOOKS)
(2007/06/13)
中山市朗

商品詳細を見る


世界の電波男 ― 喪男の文学史世界の電波男 ― 喪男の文学史
(2008/04/24)
本田 透

商品詳細を見る

エソテリカ別冊 西国三十三所観音巡礼の本

エソテリカ別冊観音巡礼の本エソテリカ別冊観音巡礼の本
(2008/08/02)
不明

商品詳細を見る


 先日予約開始の告知をいたしました『エソテリカ別冊 西国三十三所観音巡礼の本』が店頭に並び始めました。
 今まで自分も読んでいたエソテリカシリーズに参加することができ、感無量でございます。
 今年の9月1日から一年間、結縁ご開帳として、西国三十三所の本尊が純司特別拝観できるようになります。本尊の中には33年に一度しか開帳しない仏様もありますから、一年間で全ての観音様と結縁できるなんて、またとない機会です。
 百千万劫にも遭い遇うこと難しという仏法。その方を体現する仏様の中でも、特に広大無辺の慈悲をお持ちの観音菩薩とご縁を結べるありがたさを感じながら、実際に巡礼されてはいかがでしょうか?

 もちろん、その時にはこの本をお手元に!

 どうぞよろしくお願いします。

NEW *TOP* OLD

プロフィール

門賀美央子

Author:門賀美央子
名前 : 門賀美央子
     (もんが・みおこ)
職業 : フリーライター
メールアドレス : info@monga.jp
※スパム対策として@を全角文字にしております。メールを下さる場合は、@を半角に直してください。

主な執筆分野は
・人物インタビュー
・文芸諸ジャンル
・仏教など宗教系
・神社仏閣/伝説探訪記事
・日本の伝統芸能/文学
・サブカルチャー系「歴史・民俗」「オカルト」などのジャンル
・各種書籍構成

 WEB幽連載記事「全国神社仏閣お化けつき 」 
  URL: http://www.mf-davinci.com/yoo/index.php

 ブログ「百観音巡礼」
  URL: http://ameblo.jp/nihonjyunrei/

最近の記事

ご覧頂きありがとうございます!

フリーエリア

最近のトラックバック

最近のコメント

RSSリンク

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。