2009-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化フォーラム『怪異学の可能性』

下記の通り、フォーラムがあります。
パネリストを見る限り、まるで某談義のようなメンバーです(笑)。
もっとも、東アジア恠異学会のフォーラムなので、かなり学問的になるとは思いますが、その分知的好奇心が刺激されることは請け合い。
時には、まじめな「怪異」にふれてみるのはいかがでしょうか?



園田学園女子大学・東アジア恠異学会共催「文化フォーラム『怪異学の可能性』

日時:2009年7月24日(金)13:30~15:30
場所:園田学園女子大学 講堂(1号館4階)
内容:

◆「不思議なこと」「あやしいこと」は一般に「怪異」とよばれ、
古くから記録されてきました。人はどうして「怪異」を語り、記録してきたのでしょうか。
「怪異」と「怖さ」はどのように関係にあるのでしょうか。
東アジア恠異学会が今春上梓した『怪異学の可能性』(角川書店)をもとに、
「怪異」から見たもう一つの日本文化を考えます。

◇日時 平成21年7月24日(金) 13:30~15:30
◇場所 園田学園女子大学 講堂 (1号館4階)
◇パネリスト
   京極夏彦 (小説家・意匠家)  
              今に生きる言葉「怪異」を語る    
   榎村寛之 (三重県立斎宮歴史博物館課長)
              奈良・平安時代のフシギから怪異へ、を語る
   化野 燐 (小説家・妖怪愛好家)
              怪異から近世・近代の妖怪へ、を語る
 司会
   大江 篤 (園田学園女子大学 未来デザイン学部教授)
◇主催 園田学園女子大学 総合生涯学習センター
◇共催 東アジア恠異学会
◇開場 12:30
◇受講料 1,000円(当日徴収)
◇定員 400名(応募者多数の場合は抽選)
◇一般参加申込方法
 往復はがきに 氏名、年齢、住所、郵便番号、電話番号、緊急連絡先を記入の上、
 下記へ発送してください。(7月10日消印有効)
 7月15日に返信させていただきます。当日はその返信ハガキが受講証となります。
◇参加申込・お問い合わせ先:園田学園女子大学 総合生涯学習センター
〒661-8520 尼崎市南塚口町7-29-1
TEL:06-6429-9908
FAX:06-6421-7009
E-mail:syougai@sonoda-u.ac.jp
URL:http://www.sonoda-u.ac.jp/

怪異学の可能性怪異学の可能性
(2009/03/26)
東アジア怪異学会

商品詳細を見る


怪異学の技法怪異学の技法
(2003/12)
東アジア恠異学会

商品詳細を見る


スポンサーサイト

小説推理8月号

 27日にでたばかりの文芸誌『小説推理8月号』には、第31回小説推理新人賞の選考結果が掲載されています。
 小説推理新人賞と言えば、前回の本屋大賞受賞作である湊かなえさんの『告白』を世に送り出した賞であり、また第一回の受賞者は山椒大夫こと大沢在昌さんという、人気作家を輩出してきた賞でもあります。
 選考委員は三年に一度変わりまして、今現在は綾辻行人、有栖川有栖、光原百合のお三方。六月某日、大阪某所でその選考会が行われ、座談会の模様をまとめさせていただきました。今回で二度目になります。
 今年の選考会は、去年にもましておもしろかった。何がおもしろかったって、選考委員の方々のとまどいっぷりがおもしろかった。その様子はぜひ雑誌でご確認いただきたいのですが、とにかく受賞した「通信制警察」という作品、そして作者の耳目(みみまなこ)さんのユニークっぷりは、近来まれにみるものではないかと。
 また、座談会では小説家、特にミステリーの書き手を目指す方必読のすばらしい創作ヒントの数々や、受賞作にまでレベルを上げるためのポイントが語られています。これは絶対読んだ方がいい。私も、いくつかの文学賞の下読みをしていますが、選考の際にどこを見るべきなのか大変勉強になりました。とにかく、かなり読み応えがあると思いますので、ぜひご覧になってください。

 そして、受賞作の「通信制警察」も、もちろん同号に掲載されております。なかなかの怪作です。そしてお写真や受賞の言葉を見る限り、耳目さんもかなりの怪人物のようです(笑)。今後、どういう風な作品が生まれてくるのか、かなり楽しみではあります。

 また、東雅夫さんが寄稿されている今月のベストブック「幻想と怪奇」では、一押しが岡部えつさんの『枯骨の恋』になっていました。表題作が伝統的な日本怪談の構図をとりながらも、男女を逆に配置しているのが現代的だという指摘をされていまして、うむうむと肯いたり。京極夏彦さんの『厭な小説』が澁澤の言うところである「幾何学的精神」を体現しているとのご指摘、さすがは東さんです。

 そんなわけで「小説推理」、今月号もよろしくお願いいたします。 

WEB幽 6月分更新!

 なんだかあっという間に一ヶ月……というか一ヶ月以上たっておりました。ようやくWEB幽の「神社仏閣お化けつき」を更新いたしました。

 今回と次回の二度で、姫路の神社をご紹介したいと思っております。

 どうぞ御覧下さいませ。

「全国神社仏閣お化けつき 」
http://www.mf-davinci.com/yoo/index.php

 それにしてもこの一ヶ月、なんかやたらめったら仕事をしていたような気がします。ありがたいことですが、さすがにちょっと疲れ気味でもあり。
 そんな疲れをとるのに最適なのは、やっぱり読書でありまして。
 私がボヤボヤしているうちにも、どんどん注目の新刊が出ておりました。黒史郎さんの『交錯都市』や高原英理さんの『抒情的恐怖群』など、ご紹介したい本が目白押しです。
 やっと若干の落ち着きが見えてきた(気がしないでもない)ので、少しずつアップしていきたいと思います。

 また、仕事の方も来月からはボチボチ告知できそう。
 更新が滞っておりました本ブログですが、どうぞチェックのほどよろしくお願いいたします。

ダ・ヴィンチ7月号

ダ・ヴィンチ 2009年 07月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2009年 07月号 [雑誌]
(2009/06/06)
不明

商品詳細を見る


 今月号の注目は、なんといっても西原理恵子特集でしょう。
 私、西原さんの大ファンなので、先月号の予告を見てからとても楽しみにしていました。しかも、折込の書き下ろしマンガがまた(笑)。たまんなかったです。なんでこんなにおもしろいのかなあ、西原さんのマンガって。そうそう、気のふれたライオンが出てくる山岸マンガは、たぶん「スフィンクス」ですよ、西原さん。←こんなところで呼びかけても……。
 ところで、今回のメイン記事を担当し、マンガにも登場している瀧晴巳さんは、私が私淑しているライターさんです。ダ・ヴィンチを読んでいて、「私もこんな記事を書きたいなー」と思うと、だいたい瀧さんのクレジットが入っている。一度だけ梨木香歩特集の時にご一緒させていただいたのですが、笑顔がとても素敵な方でした。
 私も瀧さんのようなお仕事ができるように、がんばろう!

 と、意も新たにしたところで、今月のお仕事です。
 まずはP13の「あの人と本の話」で、インタビューしたのは女優の蓮佛美佐子さん。十八歳です。お肌が桃のようです。楚々とした雰囲気ですが、お話を聞いていると、しっかりしたお嬢さんというイメージの方が強くなってきます。かなりの読書家のようで、大学では児童文学を学び、いずれは絵本作家も目指してみたいとのこと。才色兼備です。うらやましい……。
 蓮佛さん初の連ドラ主演作になった「七瀬ふたたび」もDVD化されました。原作のテーマを引き継ぎつつも、現代的な解釈を加えたドラマは、オールドファンにもじゅうぶん楽しめます。一度はご覧あれ。

七瀬ふたたび DVD-BOX七瀬ふたたび DVD-BOX
(2009/03/18)
蓮佛美沙子塩谷 瞬

商品詳細を見る


 次は、P46「今月のブックマークEX]。荻原規子さんにお話を伺いました。大変緊張しました。荻原さん自体は、とても柔らかでフェミニンな雰囲気をかもしだしている方なのですが、同時にこちらの気をピリッとさせる何かをお持ちでして。作品に出てくる少女たちの凛々しさに通じるものがあります。
 インタビューでは、待望の新刊『RDG2 はじめてのお化粧』の話を中心に、作品や創作に対する思いを聞くことができました。原稿を書くときには、インタビュー時以上に緊張しました。どうすれば、作品と荻原さんの魅力を余すことなくお伝えできるか、けっこう悩みました。少しでもくみ取っていただけるようなものになっていればいいのですが。

RDG2  レッドデータガール  はじめてのお化粧 (カドカワ銀のさじシリーズ)RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (カドカワ銀のさじシリーズ)
(2009/05/29)
荻原 規子

商品詳細を見る


 最後は、怪談通信「幽」での岡部えつさんインタビューです。
 岡部さん、クールビューティな雰囲気ですが、話はむちゃくちゃおもしろいです。そして、ブレがない人だなあと思いました。
 そんな岡部さんのブレない怪談集『枯骨の恋』。女性には特におすすめです。ずーっと心臓を逆なでされているようなのに、ページを繰る手が止まらないあの感覚、ぜひ体験してみてください。

枯骨の恋 (幽BOOKS)枯骨の恋 (幽BOOKS)
(2009/06/03)
岡部えつ

商品詳細を見る


 ところで、WEB幽や大極宮(大沢オフィス公式サイト)などで触れられていました通り、6/1に都内のホテルで『幽』怪談文学賞の授賞式がありました(ダ・ヴィンチ文学賞との同時開催です)。授賞式の様子は、次号の『幽』でレポートしておりますので、そちらをご覧くださいませ。
 パーティでは、歴代受賞者の方々とお目にかかることができました。
 また、私的最大トピックは、はじめて岩井志麻子さんとお話できたことでございまして。思いっきりファン宣言してきました。「MXテレビも欠かさず見ています!」と申し上げたら、「MX見ている人はファミリーです!」と言ってくださいまして(笑)。そして、「ダ・ヴィンチで最初に読むのはテレプシコーラ」とか、「あの美人中国人ダンサーはクミちゃんに違いない」とか、いきなり大盛り上がりで(主に私が)話していると、そこに某社の担当編集者の方がやってきまして。その後は特濃のエロ話をひたすら拝聴していました。いやあ、至福でした。
 そして、二次会。ありがたいことにお誘いいただいたので、おじゃましてきました。
 その時の様子はなぜか大極宮にレポートがありますので、そちらをどうぞ(笑)。ていうか、京極さん。写真載せるなら載せるで言ってくださいよ。せめて化粧直しぐらいはしたのに。とほほ。
 私はこの会で失礼したのですが、どうやら三次会も相当盛り上がったらしく。翌日、皆さん仕事はだいじょうぶだったんでしょうかね?

↓は勝山海百合さんにいただいたハローキティの遠野バージョン
遠野キティ
とりあえず、長島槇子さんとは確実にお揃いです。

ビーケーワン怪談大賞始まる!

 PCのクラッシュ騒ぎやなんやらですっかり告知が遅れましたが、今年もビーケーワン怪談大賞が始まっております!
 6月1日からのスタートで、4日までの投稿総数は25篇。まだまだ皆さん様子見、というところでしょうか? それでも、去年よりは出足はいいのかな? なにせ、去年は締切間近になって怒涛の投稿がありましたもんね。

 年に一度のお祭りなので、私も時間があれば参加したいと思っております。

 ネタは相変わらず身近路線で攻めていく予定です(笑)。

 そして、参加する以上は、ビーケーワンでバンバン本を買いますとも。だって、こんな素敵な賞を、毎年ボランティア状態でやってくださる奇特な会社なんて、他にはありませんから。そう考えると、ビーケーワン怪談大賞というのは、投稿者も読者も、そして購買者もいっしょになって、みんなで盛り上げていく賞なんですよね。私のように、最初から入選云々よりも「参加することに意義がある」派の人間にとっては、年に一度、顔も見知らぬ怪談仲間が集う、素敵なお祭りですし。

 今年も、どんな作品に出会えるのか、本当に楽しみです。
  
 ビーケーワン怪談大賞 会場
 http://blog.bk1.jp/kaidan/

てのひら怪談己丑

てのひら怪談己丑―ビーケーワン怪談大賞傑作選 (ポプラ文庫 か 2-2)てのひら怪談己丑―ビーケーワン怪談大賞傑作選 (ポプラ文庫 か 2-2)
(2009/06/10)


商品詳細を見る


『てのひら怪談己丑』、いよいよ発売です!
 ビーケーワンではすでに24時間出荷になっております。

 私は、『幽』怪談文学賞の席上で、ポプラ社の斉藤尚美さんから直接手渡しで頂戴しました。
 どうだ、うらやましいだろう。

 掲載者でもない私がなぜ頂戴できたかといいますと、実は今回の稲川淳二さん解説の語り下ろし原稿作成を担当させていただいたからなのでして。あのイナジュンの語りを、それもてのひら怪談について語るのを、二時間近く対面で聞いたわけですよ。もう、うれしいのなんのって。
 どうだ、うらやましいだろう。

 それにしても、稲川さんは本当に素敵な方でした。超多忙にもかかわらず、全掲載作を一つ一つとても丁寧にお読みくださったようです。しかもサービス精神たっぷりに、解説用のお話のほかにも、一つ二つその場で怪談をお話くださったり。これを役得と言わずしてなんと言いましょう。
 ライブにも時々うかがっている旨を申し上げましたら、「次回はぜひ楽屋に遊びにきてください」とお誘いくださったり。『生き人形』トラウマが怪談原体験の一つになっている私としては、感激というしかありまんでした。

 まあ、自慢話はこれぐらいにしておいて(笑)。
 稲川さんのお話からは、とにもかくにも怪談への愛がひしひしと伝わってきました。そして、年齢とともに怪談や霊的な体験へのとらえ方が変わってきた、とおっしゃていたのが印象的でした。稲川さんのように経験豊富な方でも、昔は霊だのなんだのというのは怖いばかりで、「こっちに来るな! あっちに行け!」という気持ちが強かったのだそうです。ところが、最近では、そういうものの存在を身近に、というか当り前のものとして受け入れられるようになってきたとのこと。
 ご自分では、「自分があの世に近くなってきたからかもしれませんね」などと笑っていらっしゃいましたが、怪談となんらかの形でかかわろうとする人間には、こういう気持ちが必要なんじゃないかなあとしみじみ感じ入りました。

 そして、本文のほうですが、こちらも順番が文庫オリジナルになったことで、また面目も新たになっております。読み順でもこれだけ印象が変わるというのは、競作集ならではの妙味でしょうか。

 そうそう、そう言えば、授賞式会場の片隅で、東雅夫さんと斉藤さんが何やらてのひら関係の密談をされていたご様子。もしかしたら、また何か新たな展開があるのやもしれません。私も一寄稿者として、そして一読者として、楽しみにしたいと思います。 

通常運転に戻りました。

 5月29日にご報告しておりましたPCのトラブルですが、現時点で回復いたしました。
 各方面にご迷惑、ご心配をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

 インターネット環境やメールも回復いたしましたので、今のところ必要と思われるご返信はすべて終了しているはずですが、もし要返答の内容なのにメールが届いていないというようなことがございましたら、お手数ではございますがご一報くださいませ。

 恐れ入りますが、よろしくお願い申し上げます。

NEW *TOP* OLD

プロフィール

門賀美央子

Author:門賀美央子
名前 : 門賀美央子
     (もんが・みおこ)
職業 : フリーライター
メールアドレス : info@monga.jp
※スパム対策として@を全角文字にしております。メールを下さる場合は、@を半角に直してください。

主な執筆分野は
・人物インタビュー
・文芸諸ジャンル
・仏教など宗教系
・神社仏閣/伝説探訪記事
・日本の伝統芸能/文学
・サブカルチャー系「歴史・民俗」「オカルト」などのジャンル
・各種書籍構成

 WEB幽連載記事「全国神社仏閣お化けつき 」 
  URL: http://www.mf-davinci.com/yoo/index.php

 ブログ「百観音巡礼」
  URL: http://ameblo.jp/nihonjyunrei/

最近の記事

ご覧頂きありがとうございます!

フリーエリア

最近のトラックバック

最近のコメント

RSSリンク

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。