2010-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『平山夢明と京極夏彦のバッカみたい、読んでランナイ!!』

平山夢明と京極夏彦のバッカみたい、読んでランナイ!平山夢明と京極夏彦のバッカみたい、読んでランナイ!
(2010/10/29)
平山夢明京極夏彦

商品詳細を見る


 この極めてバカバカしい本がお陰さまで無事発売になりました!

 もう、感無量でございます。
 どんなけバカバカしいかは読んでいただくこととして。

 うれしいことに、すでに「笑いすぎて迷惑した」とか、「くだらないものに金をつかわせやがって」とか、いろいろなご意見を頂戴しておりまして、せっかくの機会ですから、私モンガミオコ決死の覚悟で読者の方々に報恩すべく、「読んでくださった方に、抽選でいいもの送ります!」企画を個人的に発動することにいたしました。
 正直、ハラキリ覚悟で放出しちゃいます。

 ご本をお読みくださったかた、ツイッターでお買い上げいただいた本の書影をアップしていただけませんでしょうか? @mongamioko を入れてくださいましたら、確認できます。それが無理ならアップしたよーってDMくださっても結構です。

 賞品としては、超限定モノ、放出します。

 1.京極夏彦作「川赤子」豆本 ←出すのは断腸の思いなんですけど(ほんと、ド稀覯本です)
プレゼント用豆本

 2.寄せ書き的サイン本 ←気合入れてサインいただいて来ます!
 3.某おしり先生に無理やりなんか描かせてプレゼント ←は? 何いってんの? というおしり先生の顔が思い浮かぶ


 ほか、リクエストありましたら、私のできる範囲で。
 (賞品に関してまして変動があるかもしれません。もちろん1の豆本だけはガチで出します!)


 画像は2010/11/15までにアップしていただいたものを対象といたします。
 
 ご応募に関しては、

 ・私に住所氏名を開示してくださる方(お送りしないといけないので。もちろん発送以外に個人情報は使用しません。お送り後、すぐに削除いたします)
 ・賞品発送までに締切りから一ヶ月ぐらいは待ってくださる方
 ・確実にお買い上げくださったことがわかる画像をツイッターにアップしてくださる方  ←ここ重要
 ・ブログやツイッターなどで『平山夢明と京極夏彦のバッカみたい、読んでランナイ!!』の感想をアップしてくださる方

 を対象にしたいと思います。

 ご質問等がありましたら、このエントリのコメントにどうぞ!
 なおこの企画は版元は関係ありません。あくまでも門賀個人の企画ですので、その点はご了承の上ご応募くださいませ。
 ふるってご応募ください!
スポンサーサイト

バッカみたい、読んでランナイ! 予約開始です。

平山夢明と京極夏彦のバッカみたい、読んでランナイ!平山夢明と京極夏彦のバッカみたい、読んでランナイ!
(2010/10/29)
平山夢明京極夏彦

商品詳細を見る


 これまでも何度か紹介してまいりましたTOKYOFMの番組『東京ガベージコレクション』の前身番組である『バッカみたい、聴いてランナイ!』の本がいよいよ完成間近です!
 アマゾンでは予約も始まりました。
 
 内容のご案内は こちら です。

 とにかくコンテンツがてんこ盛りの豪華な本になりました。
 これから、ちょっとずつ内容も小出しにして行く予定。
 ラジオをお聞きになった方、お聞きになれなかった方も楽しめる内容になっております。どうぞ御覧くださいませ。

ダ・ヴィンチ11月号

ダ・ヴィンチ 2010年 11月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2010年 11月号 [雑誌]
(2010/10/06)
不明

商品詳細を見る


 この表紙の人、誰だかわかりますか?
 私、最初わかりませんでした
 山田孝之さん、ロバート・デ・ニーロみたいな俳優さんですね。

 今月号のダ・ヴィンチは表紙が二重の特殊構造になっております。山田孝之さんをペラりとめくると、そこには中島みゆきさんのご尊顔が。特集も二倍、いつもにもまして充実した号です。

 ホラー/怪談方面での最大の話題といえば、なんと小野不由美さんのゴーストハント(悪霊)シリーズの復刊が決定し、その一部が先行掲載されたことではないでしょうか。
 ゴーストハントシリーズといえば、1989年(もう二十年前だって)に第一巻『悪霊がいっぱい!?』が刊行されて以来、当時のティーンから火が着き、ジュニア向けのレーベルから出されたにもかかわらず大人をも巻き込んだ大人気作品になりつつも、現在では絶版、ながらく復刊が待たれていたという幻の作品。私も、まだ学生だった当時、ドキドキしながら読んでおりました。
 復刊に関する詳しい情報はダ・ヴィンチ本誌でお確かめいただければと思うのですが、来月号はどど~んとゴーストハント特集が組まれる予定になっております。私も現在、ファン冥利につきる状態でアワアワしております。どうアワアワなのかは、来月までお待ちくださいませ。

 今月号で私が担当いたしましたのは、内田樹さん特集のブックガイドと恒川光太郎さんの新刊『竜が最後に帰る場所』のインタビュー記事でございます。
 内田樹さんといえば、私にとっては、ここ最近、本屋で見かけて惹かれた本の一つであった『現代霊性論』の共著者の一人という認識だったのですが、改めて読み返すとまさに現代の知性としかいいようのないような方で、今回まとめて著作を読み、改めて内田さんの思想のおもしろさに目が開かれました。
 特集では、大学教授である内田さんにちなんで、授業っぽく分類して代表的な著書の数々をご紹介しております。乞うご一読。

現代霊性論現代霊性論
(2010/02/23)
内田 樹釈 徹宗

商品詳細を見る


 恒川光太郎さんのインタビュー記事では、新刊『竜が最後に帰る場所』についてお聞きしています。
 恒川さんのあのひょうひょうとした雰囲気、ちょっとでも伝わればと思うのですが、いかがでしょうか? 新刊は短編集で、恒川光太郎という人を網羅したような一冊になっています。恒川さんの発想の転換力が遺憾なく発揮された、ファンにはたまらない一冊です。

竜が最後に帰る場所竜が最後に帰る場所
(2010/09/17)
恒川 光太郎

商品詳細を見る


 今月号も、ダ・ヴィンチをよろしくお願い致します。
 

NEW *TOP* OLD

プロフィール

門賀美央子

Author:門賀美央子
名前 : 門賀美央子
     (もんが・みおこ)
職業 : フリーライター
メールアドレス : info@monga.jp
※スパム対策として@を全角文字にしております。メールを下さる場合は、@を半角に直してください。

主な執筆分野は
・人物インタビュー
・文芸諸ジャンル
・仏教など宗教系
・神社仏閣/伝説探訪記事
・日本の伝統芸能/文学
・サブカルチャー系「歴史・民俗」「オカルト」などのジャンル
・各種書籍構成

 WEB幽連載記事「全国神社仏閣お化けつき 」 
  URL: http://www.mf-davinci.com/yoo/index.php

 ブログ「百観音巡礼」
  URL: http://ameblo.jp/nihonjyunrei/

最近の記事

ご覧頂きありがとうございます!

フリーエリア

最近のトラックバック

最近のコメント

RSSリンク

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。