2012-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダ・ヴィンチ6月号


ダ・ヴィンチ 2012年 06月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2012年 06月号 [雑誌]
(2012/05/07)
不明

商品詳細を見る


 
 IDとパスワードを失念するほど更新していなかったブログでございますが、少し見ないうちに入力画面もコロッと変わっておりました。いやあ、さすがIT。日進月歩です。

 久しぶりの更新は、ダ・ヴィンチ6月号のお知らせ。
 今回は「男と、本」特集です。
 
 本を読む男性ってかっこいいよね! ということで、各界の読書漢が紙面に登場しております。
 
 私がお話を聞いたのは、お笑い芸人で吉本新喜劇団長の小藪千豊さんと気鋭の哲学者・萱野稔人さん。
 小籔さんには普段の読書スタイルを、萱野さんには「なぜ人は本を読むのか」という根本的なところをお聞きしました。

 小籔さんが朴訥とした風貌からは想像できない鋭い舌鋒の持ち主であることを知っている方は少なくないはず。今回も「男が本を読む意味」について熱く語ってくださいました。
 純文学系しか読まないという小藪さんですが、それにはとある理由が。なかなか野心家(?)な一面が垣間見れますよ。

 萱野さんは、情報が溢れかえる現代社会において、私たちはどのような「考えるための基礎能力」を持つべきかを教えてくれています。
 スピノザやフーコー、エリアスにこんな効能があったなんて! 驚くこと請け合いです。
 取材中、一番印象に残ったのは「アウトローの世界でも、頭が悪ければ鉄砲玉で終わる」という言葉。
 そうそう、そうなんですよ。時代の通行人で終わるか、ちょっとでも表舞台に立つことができるかはまさに自分の知性如何にかかっているんですよね。
 
 また、書籍紹介のコーナーでは、「男にしびれる本」10冊を紹介しました。
 かっこいい男、各種取り揃えましたので、小説で漢成分を補給したいという方は、ぜひ。 
 
 
スポンサーサイト

NEW *TOP* OLD

プロフィール

門賀美央子

Author:門賀美央子
名前 : 門賀美央子
     (もんが・みおこ)
職業 : フリーライター
メールアドレス : info@monga.jp
※スパム対策として@を全角文字にしております。メールを下さる場合は、@を半角に直してください。

主な執筆分野は
・人物インタビュー
・文芸諸ジャンル
・仏教など宗教系
・神社仏閣/伝説探訪記事
・日本の伝統芸能/文学
・サブカルチャー系「歴史・民俗」「オカルト」などのジャンル
・各種書籍構成

 WEB幽連載記事「全国神社仏閣お化けつき 」 
  URL: http://www.mf-davinci.com/yoo/index.php

 ブログ「百観音巡礼」
  URL: http://ameblo.jp/nihonjyunrei/

最近の記事

ご覧頂きありがとうございます!

フリーエリア

最近のトラックバック

最近のコメント

RSSリンク

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。