2014-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑誌「一個人」1月号

 雑誌「一個人」一月号の特集「名僧100人に尋ねよ こころ愉しく生きるヒント」で、僧侶の小池龍之介さんにインタビューしました。
 現代人の多くが抱えている「生きづらさ」の正体と、解消するための処方箋をお話いただいています。
 リニューアルした「一個人」、今回は特にインタビュー記事がかなり充実していておもしろいです。お坊さんだけでなく修道女の方も答えているのが珍しい気が。
 また、食いしん坊方面の皆様には同号の和食特集がおすすめ。
 どうぞ書店でお手になさってください。


一個人 1月号一個人 1月号
(2014/11/26)
不明

商品詳細を見る


スポンサーサイト

「サイコパスな人間の心理」 とは!? 作家・貴志祐介×ゲームクリエイター・三上真司が語る

 まとめを担当した対談がWEBにアップされていました。

 ダ・ヴィンチ11月号に掲載されている対談のロング・バージョンです。かなり読み応えがあります。
 エンタメと恐怖の関係について、貴志祐介さんとバイオハザードの生みの親である三上真司さんが語っています。なかなか深いですよ。

「サイコパスな人間の心理」 とは?!ホラー作品のクリエイター 作家・貴志祐介×ゲームクリエイター・三上真司が語る エンタメで描く「恐怖」 【『ダ・ヴィンチ』10月6日発売 対談ロングバージョン】

 こちらからご覧いただけます。↓
http://ddnavi.com/feature/211095/

 雑誌とWEBでは内容が少し違うので、こちらも合わせてどうぞ!

 
ダ・ヴィンチ 2014年 11月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2014年 11月号 [雑誌]
(2014/10/06)
不明

商品詳細を見る

東直子『いとの森の家』レビュー


いとの森の家 (一般書)いとの森の家 (一般書)
(2014/10/29)
東 直子

商品詳細を見る


 歌人であり小説家でもある東直子さんの新刊です。
 後書きにはフィクションという但し書きがあるけれども、自身の子供時代を色濃く反映させた作品のようです。
 自然と生活の調和がとれた田舎での、伸び伸びとした平和な日常を描きつつ、そろそろ人生の残酷さや悲惨さが視野に入り始める、そんな微妙な時期に差し掛かった少女の心の動きを繊細に捉える筆はさすが。
 死刑問題や人種差別を取り上げつつも、単に答えを提示することはせず、綺麗事を並べることもなく、自分で考えることの大切さをさり気なく教えるこの作品、まずは十代に読んでもらいたいと思うけれども、脳の血行不良が著しい大人にはもっと読んでもらいたいと強く思います。

「私は、たくさんの人が踏みつけていった雪の上を、さらに踏みつけて歩いたの」とつぶやく女性が、幼子に向けた「あなたには、残酷なできごとが起こりませんように」という祈りのなんと真摯で美しいことか。

 とても愛らしい物語なのに、読後に残るものはどこまでも大きい、そんな小説です。

書評二本 神の山と人の呪い

 小説推理12月号に浅田次郎の新刊『神坐す山の物語』の書評を寄稿しております。


小説推理 2014年 12月号 [雑誌]小説推理 2014年 12月号 [雑誌]
(2014/10/27)
不明

商品詳細を見る


 つい最近まで、東京の喧騒から一時間少しで、神気漂う聖地があった、というお話です。
↓こちらからご覧いただけますので、よろしければ。
http://www.futabasha.co.jp/bookreview/

 また、本の旅人11月号に花房観音の新刊『神さま、お願い』の書評を寄稿しております。


神さま、お願い神さま、お願い
(2014/10/30)
花房観音

商品詳細を見る


こんなはずじゃなかったのに――京都は下鴨神社近くの暗い神社。学業成就、縁結び、家内安全、商売繁盛…日夜一心不乱に手を合わせる女たちの花びらを一枚めくりあげれば、脈打つのは滴る蜜か、どす黒い血か――!?



 この話、ものすごく狭い定義でしか幸せを考えられない人にぜひ読んでもらいたいのです。

「女の幸せは結婚よね」
「子供を授かることよね」
「パートナーのいない人生なんてね」
「仕事の成功こそ幸せよ」

 まあ、とかく人は物事を定義したがるものですが、幸せの定義ほど自己肯定に都合よく使われるものはありません。
 さらにいうと、その自己肯定は他者否定を伴いがち。
 だから自分と人を比べ、あっちが幸せでこっちは不幸だとか、あの人に比べたらまだしも自分はとか、ほんとどうでもいいことでしか満足を得られなくなってしまう。
 その手の陥穽にはまった女たちの物語が「家内安全」とか「恋愛成就」とか、神社に行けばいくらでも見られる言葉をキーワードに書かれています。

 生々しいだけにまじで怖いですけど、それだからこそおもしろいし、いい勉強になりますよ、本当に。

NEW *TOP* OLD

プロフィール

門賀美央子

Author:門賀美央子
名前 : 門賀美央子
     (もんが・みおこ)
職業 : フリーライター
メールアドレス : info@monga.jp
※スパム対策として@を全角文字にしております。メールを下さる場合は、@を半角に直してください。

主な執筆分野は
・人物インタビュー
・文芸諸ジャンル
・仏教など宗教系
・神社仏閣/伝説探訪記事
・日本の伝統芸能/文学
・サブカルチャー系「歴史・民俗」「オカルト」などのジャンル
・各種書籍構成

 WEB幽連載記事「全国神社仏閣お化けつき 」 
  URL: http://www.mf-davinci.com/yoo/index.php

 ブログ「百観音巡礼」
  URL: http://ameblo.jp/nihonjyunrei/

最近の記事

ご覧頂きありがとうございます!

フリーエリア

最近のトラックバック

最近のコメント

RSSリンク

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。