2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化フォーラム『怪異学の可能性』

下記の通り、フォーラムがあります。
パネリストを見る限り、まるで某談義のようなメンバーです(笑)。
もっとも、東アジア恠異学会のフォーラムなので、かなり学問的になるとは思いますが、その分知的好奇心が刺激されることは請け合い。
時には、まじめな「怪異」にふれてみるのはいかがでしょうか?



園田学園女子大学・東アジア恠異学会共催「文化フォーラム『怪異学の可能性』

日時:2009年7月24日(金)13:30~15:30
場所:園田学園女子大学 講堂(1号館4階)
内容:

◆「不思議なこと」「あやしいこと」は一般に「怪異」とよばれ、
古くから記録されてきました。人はどうして「怪異」を語り、記録してきたのでしょうか。
「怪異」と「怖さ」はどのように関係にあるのでしょうか。
東アジア恠異学会が今春上梓した『怪異学の可能性』(角川書店)をもとに、
「怪異」から見たもう一つの日本文化を考えます。

◇日時 平成21年7月24日(金) 13:30~15:30
◇場所 園田学園女子大学 講堂 (1号館4階)
◇パネリスト
   京極夏彦 (小説家・意匠家)  
              今に生きる言葉「怪異」を語る    
   榎村寛之 (三重県立斎宮歴史博物館課長)
              奈良・平安時代のフシギから怪異へ、を語る
   化野 燐 (小説家・妖怪愛好家)
              怪異から近世・近代の妖怪へ、を語る
 司会
   大江 篤 (園田学園女子大学 未来デザイン学部教授)
◇主催 園田学園女子大学 総合生涯学習センター
◇共催 東アジア恠異学会
◇開場 12:30
◇受講料 1,000円(当日徴収)
◇定員 400名(応募者多数の場合は抽選)
◇一般参加申込方法
 往復はがきに 氏名、年齢、住所、郵便番号、電話番号、緊急連絡先を記入の上、
 下記へ発送してください。(7月10日消印有効)
 7月15日に返信させていただきます。当日はその返信ハガキが受講証となります。
◇参加申込・お問い合わせ先:園田学園女子大学 総合生涯学習センター
〒661-8520 尼崎市南塚口町7-29-1
TEL:06-6429-9908
FAX:06-6421-7009
E-mail:syougai@sonoda-u.ac.jp
URL:http://www.sonoda-u.ac.jp/

怪異学の可能性怪異学の可能性
(2009/03/26)
東アジア怪異学会

商品詳細を見る


怪異学の技法怪異学の技法
(2003/12)
東アジア恠異学会

商品詳細を見る


スポンサーサイト

* コメント *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mongamioko.blog36.fc2.com/tb.php/159-6fa3ea74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

幽 vol.11 *TOP* 小説推理8月号

プロフィール

門賀美央子

Author:門賀美央子
名前 : 門賀美央子
     (もんが・みおこ)
職業 : フリーライター
メールアドレス : info@monga.jp
※スパム対策として@を全角文字にしております。メールを下さる場合は、@を半角に直してください。

主な執筆分野は
・人物インタビュー
・文芸諸ジャンル
・仏教など宗教系
・神社仏閣/伝説探訪記事
・日本の伝統芸能/文学
・サブカルチャー系「歴史・民俗」「オカルト」などのジャンル
・各種書籍構成

 WEB幽連載記事「全国神社仏閣お化けつき 」 
  URL: http://www.mf-davinci.com/yoo/index.php

 ブログ「百観音巡礼」
  URL: http://ameblo.jp/nihonjyunrei/

最近の記事

ご覧頂きありがとうございます!

フリーエリア

最近のトラックバック

最近のコメント

RSSリンク

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。