2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダ・ヴィンチ8月号

ダ・ヴィンチ 2009年 08月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2009年 08月号 [雑誌]
(2009/07/06)
不明

商品詳細を見る


 気がつけば、ダ・ヴィンチ8月号が出ておりました。見本誌がポストに入っていてたまげました。どうも7月号以降一ヶ月間の記憶がないような……。

 ともかく、今回の特集1は藤子・F・不二雄特集ということで、懐かしのマンガが紙面に躍っております。日本で子供時代を過ごした人なら誰しも見ているドラえもんをはじめとした藤子マンガの数々。Aさんがブラックな大人のマンガも手掛けられたのに対し、Fさんは首尾一貫して子供に夢を与えるマンガを描き続けていらっしゃいました。お亡くなりになってもう13年。遺されたものは本当に大きいと思います。

 そして、第二特集は待ちに待った怪談モノ。今回のキーワードは「実話」です。
 加門七海、木原浩勝、東雅夫、平山夢明、福澤徹三という現代実話系怪談のメインストリームにいらっしゃる方々の推薦図書をはじめ、読者が選んだ10冊など、水木大先生風に言えば「これだけ読めば安心です」的な怪談本の数々が紹介されています。これは必読です。
 私はと言うと、東さんご推薦の『明治期怪異妖怪記事資料集成』湯本豪一編((よんまんななせんにひゃくごじゅうえん……)以外は全部所蔵しておりましたので、とりあえず怪談好きは名乗ってよさそうだと安堵したような次第で(笑)。
 また、特集の最後には『幽』で開催される怪談実話コンテストの応募要項や、イベントの開催予告なども掲載されていますので、そちらも要チェックですよ。

 私はと言いますと、今月号は森見登美彦さん『宵山万華鏡』と真藤順丈さん『RANK』の記事を書かせていただきました。
 いささかミーハーなことを申しますと、モリミーファンとしては間近で新刊のお話をきけて、たいへんうれしい取材となりました。
 真藤さんは三度目の取材になりましたが、毎度ながら思うのは一作一作実に心血を注いで仕上げられているなあということ。次回作はメディアファクトリーから出るということですので、これも楽しみです。

宵山万華鏡宵山万華鏡
(2009/07/03)
森見登美彦

商品詳細を見る


RANKRANK
(2009/05)
真藤 順丈

商品詳細を見る
スポンサーサイト

* コメント *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mongamioko.blog36.fc2.com/tb.php/161-14487a2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『嗤う男』福澤徹三 *TOP* 幽 vol.11

プロフィール

門賀美央子

Author:門賀美央子
名前 : 門賀美央子
     (もんが・みおこ)
職業 : フリーライター
メールアドレス : info@monga.jp
※スパム対策として@を全角文字にしております。メールを下さる場合は、@を半角に直してください。

主な執筆分野は
・人物インタビュー
・文芸諸ジャンル
・仏教など宗教系
・神社仏閣/伝説探訪記事
・日本の伝統芸能/文学
・サブカルチャー系「歴史・民俗」「オカルト」などのジャンル
・各種書籍構成

 WEB幽連載記事「全国神社仏閣お化けつき 」 
  URL: http://www.mf-davinci.com/yoo/index.php

 ブログ「百観音巡礼」
  URL: http://ameblo.jp/nihonjyunrei/

最近の記事

ご覧頂きありがとうございます!

フリーエリア

最近のトラックバック

最近のコメント

RSSリンク

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。