2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『プレゼント』星野夏

プレゼント (ポプラ文庫)プレゼント (ポプラ文庫)
(2009/08)
星野 夏

商品詳細を見る


 感動の嵐を巻き起こした「あおぞら」から3年。
 夢に向かう日々を綴る最新作、早くも文庫化!

 裏切り、レイプ事件、恋人の死。
 絶望の淵から立ち上がるまでを赤裸々に綴り、
 50万人に“生きる勇気”を与えたベストセラー『あおぞら』。
 あれから3年。
 21歳になった著者が、知られざる『あおぞら』出版の背景や、
 両親との葛藤、看護学生として“命”と向き合う日々を綴る。
 【解説/小森純】



あおぞら (ポプラ文庫)あおぞら (ポプラ文庫)
(2009/08/20)
星野 夏

商品詳細を見る


 少し前、ケータイ小説が市場を席巻しましたが、それも一段落した模様。結局、かなり淘汰されたようです。

 そんな中、ブームの少し前に発刊され、当時の少女たちのハートをがっちりとつかみ、今も衰えぬ支持を集める本があります。タイトルは『あおぞら』。まだローティーンだった女の子を襲った壮絶な経験。絶望の淵から救ってくれた恋人の突然の死。その後のケータイ小説のセオリーともいうべき話が繰り広げられる小説ですが、これはノンフィクション。その「リアル」が、圧倒的に支持されたのでした。

 そして、それから3年経ち、『プレゼント』と題された一冊の本が上梓されました。『あおぞら』を出すことで、人生に区切りをつけた彼女が、その後の人生を書き綴ったのです。手記の出版は、必ずしもよい影響ばかりではなかったけども、それを乗り越え、地に足の付いた生き方を模索する様が、素直な文章で描かれています。

 これまで単行本で50万部以上を売り上げたこの2冊が、このたび文庫化されました。より安価になったことで、より多くの少女たちにこの物語を届けたい。そんな気持ちから、『プレゼント』の解説をティーンに絶大な人気を誇るギャル系モデル 小森純さんが担当されました。その構成のお手伝いをしております。
 普段は、ギャル系の子たちと接点のない私ですが、彼女の明るさと真摯さにいろいろとイメージが変わりました。
 彼女のブログもものすごいヒット数を誇っているのだとか。
 たまには知らない世界に入ってみるのも大切ですね。
スポンサーサイト

* コメント *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mongamioko.blog36.fc2.com/tb.php/167-6de12130
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『呪物館―人工憑霊蠱猫』化野燐 (文庫版) *TOP* 宇宙の裏側がわかる本

プロフィール

門賀美央子

Author:門賀美央子
名前 : 門賀美央子
     (もんが・みおこ)
職業 : フリーライター
メールアドレス : info@monga.jp
※スパム対策として@を全角文字にしております。メールを下さる場合は、@を半角に直してください。

主な執筆分野は
・人物インタビュー
・文芸諸ジャンル
・仏教など宗教系
・神社仏閣/伝説探訪記事
・日本の伝統芸能/文学
・サブカルチャー系「歴史・民俗」「オカルト」などのジャンル
・各種書籍構成

 WEB幽連載記事「全国神社仏閣お化けつき 」 
  URL: http://www.mf-davinci.com/yoo/index.php

 ブログ「百観音巡礼」
  URL: http://ameblo.jp/nihonjyunrei/

最近の記事

ご覧頂きありがとうございます!

フリーエリア

最近のトラックバック

最近のコメント

RSSリンク

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。