2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九月の日記 その三

九月某日
 妖怪仲間が集まる「古典遊戯研究会」に出かけるも、時間が早すぎてメンバーがそろわず、一度も札遊びをしないまま退去する事に。どうしても外せない用事があったためだが、ちょっと悲しかった。

九月十九日
 人気声優である堀江由衣さんの武道館コンサートに行った。このほど、堀江さんのフォトエッセイ本を編集させていただいたご縁である。堀江さんのライブは二度目だったが、単独のものは今回がはじめて。ドラマ仕立ての構成と堀江さんの愛らしい歌声を堪能した。

空散歩日和空散歩日和
(2009/09/28)
堀江由衣

商品詳細を見る


 それにしても、堀江さんのものづくりへの妥協のなさには、頭が下がる思いがする。自分の提供するものでどれだけ楽しんでもらえるか、喜んでもらえるか、それをひたすら追求するのだ。おかげで、この本も良い本になったと思う。いろんな意味で、思い出に残る一冊となった。

九月某日
 京極夏彦さんから文楽のチケットをいただいたので、国立劇場にでかけた。演目は「鬼一法眼三略巻」。好きな演目なので超ラッキーである。同道したのは、去年『生き屏風』で日本ホラー小説大賞を受賞した田辺青蛙嬢。たまたま打ち合わせで江戸参府しているとのことで、そういうことになった。
 昼食時、青蛙嬢から次回作についてのお話を聞く。どうやら近々拝読できる模様。『生き屏風』が大好きな私としては、楽しみ極まりない内容であった。青蛙嬢の発想力というか、妄想力には毎度の事ながら感心させられる。文章力は後からついてくるが、妄想力は生来のものである。得ようと持って得られるものでもない。そういう意味において、彼女は間違いなくNatural born novelistなのだ。

生き屏風 (角川ホラー文庫)生き屏風 (角川ホラー文庫)
(2008/10/25)
田辺 青蛙

商品詳細を見る


<つづく(間違いなく明日にアップ)>
スポンサーサイト

* コメント *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mongamioko.blog36.fc2.com/tb.php/193-0869b9ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

九月の日記 その四 *TOP* 九月の日記 その二

プロフィール

門賀美央子

Author:門賀美央子
名前 : 門賀美央子
     (もんが・みおこ)
職業 : フリーライター
メールアドレス : info@monga.jp
※スパム対策として@を全角文字にしております。メールを下さる場合は、@を半角に直してください。

主な執筆分野は
・人物インタビュー
・文芸諸ジャンル
・仏教など宗教系
・神社仏閣/伝説探訪記事
・日本の伝統芸能/文学
・サブカルチャー系「歴史・民俗」「オカルト」などのジャンル
・各種書籍構成

 WEB幽連載記事「全国神社仏閣お化けつき 」 
  URL: http://www.mf-davinci.com/yoo/index.php

 ブログ「百観音巡礼」
  URL: http://ameblo.jp/nihonjyunrei/

最近の記事

ご覧頂きありがとうございます!

フリーエリア

最近のトラックバック

最近のコメント

RSSリンク

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。