2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十月の日記 その1

備忘日記、今月も(先月分ですが……)。

十月某日
 十月最初の仕事は、岩井志麻子さんへのインタビュー。護国寺にある光文社の社屋で執り行われた。岩井志麻子さんの大ファンである私。喜びすぎたのか、待ち合わせ時間の一時間も前に到着していまう。仕方なく、近所のロイホでお茶をしながら取材準備を。
 岩井さんといえば、作品こそエロスとタナトスを自在に往還する作家さんだが、実際にお会いすると人間的な暖かみをとても感じる。サービス精神も豊かだし、気遣いしてくださるし。
 とても楽しい取材になった。今月はさい先がいい。

↓↓↓取材記事は、こちらに掲載されています。↓↓↓

ダ・ヴィンチ 2009年 12月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2009年 12月号 [雑誌]
(2009/11/06)
不明

商品詳細を見る


十月某日
 一夜明けて、今日は一路高崎市へ。群馬県立歴史博物館で、歴史学者 黒田日出男先生にインタビューをするためだ。
 黒田先生といえば、歴史の大家。私も、その著書を通して学恩を受けた一人である。このオファーをいただいた時、正直かなりうれしかった。
 ただし、取材の準備はなかなか大変だった。関連する書物ぐらいはおさらいしないと……と思いたったものの、それが結構な量あったのである。学生時代に読んだはずの本も、まるで初読のような新鮮さ。ちょっと凹む。
 だが、取材自体は本当に楽しかった。学者さんに取材することはたびたびあるが、だいたいこちらのレベルまで降りてきてお話しくださる。お陰で、聞いているだけで賢くなった気分になるのだ。
 今回も、とても勉強になった。これを生かせるかどうかは私次第だが……。だめだろうな、やっぱり

↓↓↓取材記事は、こちらに掲載されています。↓↓↓

日経おとなの OFF (オフ) 2009年 12月号 [雑誌]日経おとなの OFF (オフ) 2009年 12月号 [雑誌]
(2009/11/06)
日経おとなのOFF

商品詳細を見る


十月某日
 本日は、新人作家のインタビュー。あいにくの雨となったが、未知の人に会う高揚感で余り気にもならない。
 取材対象は『お稲荷さんが通る』でボイルドエッグス新人賞を受賞された叶泉さんだ。
 作品は、近未来SFと伝奇を融合したライトノベル感覚の作品。とてもイマドキな感じがする。でも、話の骨格がしっかりしているのと、中心をあくまでも青春群像にしているため、王道ラノベを読んだ時のような座り心地の悪さは感じない。むしろ、上質なエンターテイメントとして楽しませていただいた。
 どんな方だろうとワクワクしながら取材に入る。
 とある事情により詳細は書けないのだが、非常にポテンシャルを感じさせてくれる方だった。なにより、「この道で食べていくんだ!」という決心が心強く、心地よい。
 私は、こういう覚悟を決めて新たな道に分け入る人が好きである。

 次の取材までちょっと時間があったので、二番町から九段下までブラブラ歩くことにする。途中のおしゃれなカフェで遅めの昼食。最近は日本のカフェも借り物文化を脱し、しっかりと地に根を下ろしたように感じる。ひじきのサラダが美味だった。

 夕刻、白金へ。辛酸なめ子さんの取材だ。
 辛酸さんにお話を聞くのは二度目。つかみどころがないが、ユニークなお話をしてくださる。この個性は作ろうとして作れるものではないし、自分に求められているものを的確につかみ取るクレバーさが素晴らしい。ライターとして、目標にしたい方の一人だ。

 しかし、一日二連荘の取材はやっぱり疲れた。

↓↓↓取材記事は、こちらに掲載されています。↓↓↓

ダ・ヴィンチ 2009年 12月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2009年 12月号 [雑誌]
(2009/11/06)
不明

商品詳細を見る


日経おとなの OFF (オフ) 2009年 12月号 [雑誌]日経おとなの OFF (オフ) 2009年 12月号 [雑誌]
(2009/11/06)
日経おとなのOFF

商品詳細を見る


スポンサーサイト

* コメント *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mongamioko.blog36.fc2.com/tb.php/200-629d06a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

十月の日記 その2 *TOP* 日記おとなのOFF

プロフィール

門賀美央子

Author:門賀美央子
名前 : 門賀美央子
     (もんが・みおこ)
職業 : フリーライター
メールアドレス : info@monga.jp
※スパム対策として@を全角文字にしております。メールを下さる場合は、@を半角に直してください。

主な執筆分野は
・人物インタビュー
・文芸諸ジャンル
・仏教など宗教系
・神社仏閣/伝説探訪記事
・日本の伝統芸能/文学
・サブカルチャー系「歴史・民俗」「オカルト」などのジャンル
・各種書籍構成

 WEB幽連載記事「全国神社仏閣お化けつき 」 
  URL: http://www.mf-davinci.com/yoo/index.php

 ブログ「百観音巡礼」
  URL: http://ameblo.jp/nihonjyunrei/

最近の記事

ご覧頂きありがとうございます!

フリーエリア

最近のトラックバック

最近のコメント

RSSリンク

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。