2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダ・ヴィンチ5月号

ダ・ヴィンチ 2010年 05月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2010年 05月号 [雑誌]
(2010/04/06)
不明

商品詳細を見る


 ダ・ヴィンチ5月号が昨日から店頭に並んでおります。
 
 私が今回担当した記事は三件。
 まず第三特集の「小説で読む、マンガで読む坂本龍馬」。
 坂本龍馬に関する小説やや漫画を書いた作家へのインタビューおよび本紹介をやっております。
 インタビューしたのは、作家の清水義範さんと五十嵐貴久さん、そしてマンガ家の小山ゆうさん。皆さん、それぞれに龍馬に対して思い入れをお持ちでして、龍馬は創作者にとってはずいぶん魅力的な人物なよう。一種のミューズですね。お三方の著作は以下の通り。
 それにしても、こんなにまとめて坂本龍馬の本を読むことはきっともう一生ないだろうと(笑)。

龍馬の船 (集英社文庫)龍馬の船 (集英社文庫)
(2009/12/16)
清水 義範

商品詳細を見る


相棒相棒
(2008/01/12)
五十嵐 貴久

商品詳細を見る


おーい!竜馬[新装版] 1 (ビッグコミックススペシャル)おーい!竜馬[新装版] 1 (ビッグコミックススペシャル)
(2009/10/30)
武田 鉄矢小山 ゆう

商品詳細を見る


 ブックマークでは大崎善生さんのインタビューで、新作『Railway Story』のお話を聞いております。
 私個人の感想としては、大崎さんの小説は正統派の文体を読む文学の潮流に位置づけられるものではないかと思うんです。今回の作品も、ストーリーを楽しむというよりも、言葉の流れ、余韻、空白などに注目していただきたい。そんな作品です。

Railway StoriesRailway Stories
(2010/03/20)
大崎善生

商品詳細を見る


 三つ目は先日第一回目の放送があったばかりの『大魔神カノン』について、プロデューサーの高寺重徳さんに聞いています。すでに放送を見た方はおわかりだと思いますが、本作は「人の心」に焦点を当てて描かれるドラマ性の強い作品になっております。。高寺プロデューサーが込められた思いの一端をご理解いただければと。

スポンサーサイト

* コメント *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mongamioko.blog36.fc2.com/tb.php/233-daed0a23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『大人の水ぼうそう』よしもとばなな *TOP* 文庫版『告白』 リリース間近!

プロフィール

門賀美央子

Author:門賀美央子
名前 : 門賀美央子
     (もんが・みおこ)
職業 : フリーライター
メールアドレス : info@monga.jp
※スパム対策として@を全角文字にしております。メールを下さる場合は、@を半角に直してください。

主な執筆分野は
・人物インタビュー
・文芸諸ジャンル
・仏教など宗教系
・神社仏閣/伝説探訪記事
・日本の伝統芸能/文学
・サブカルチャー系「歴史・民俗」「オカルト」などのジャンル
・各種書籍構成

 WEB幽連載記事「全国神社仏閣お化けつき 」 
  URL: http://www.mf-davinci.com/yoo/index.php

 ブログ「百観音巡礼」
  URL: http://ameblo.jp/nihonjyunrei/

最近の記事

ご覧頂きありがとうございます!

フリーエリア

最近のトラックバック

最近のコメント

RSSリンク

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。