2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『自分でつける戒名』


自分でつける戒名自分でつける戒名
(2011/01/31)
門賀 美央子

商品詳細を見る


 今やすっかり仏教界の金儲け主義の象徴のごとく扱われている「戒名」。
 みなさん、「死んだらお坊さんからもらうみたいだけど、なんのためにつけるかわからないよね」ぐらいの認識でいらっしゃるのではないでしょうか。

 そもそも戒名というのは戒を受けて出家する時にもらう名前でして、そういう意味では生前にしっかりと受戒してつけてもらうのが正しい。ところが、なかなかそういうわけにもいかないということで、死後あわてて出家の儀式を行ったというのが、現在の順修戒名(死んだ後につけてもらう戒名)のルーツになったのです。昔は、お坊さんとしてあの世に旅だったら成仏しやすいと考えられていたんですね。今のように、物質的に豊かではない時代、せめてあの世では苦から逃れたいと思う気持ちは今より切実だったのでしょう。

 今の世の中、死んだら終わりと考える人も増えましたし、死生観の中心に仏教的世界観がある人ばかりではないと思います。なら戒名なんて必要ないんじゃない? という話になりがちなのですが、いやいやそとばかりは言えないんですよ、ということをご説明しつつ、実際に自分でつける際の注意点や豊富な実例を用意した一冊になっております。

 監修者の平等山福祉寺・松原日治住職は、生前戒名・自誓戒名の普及を推し進められている方でして、今回の本は松原住職のお考えを元に作成されています。(平等山福祉寺のHPはこちら http://www7.ocn.ne.jp/~fukusiji/
 ですから、私が著者としてクレジットされるのはなんともおこがましいことではあるのですが、これを機会に日本の無形文化遺産とも言える「戒名」について考えを新たにしていただければなあと思いながら、書かせていただきました。
 コラムでは有名人や歴史上の人物の戒名に関することなども書いておりますし(お岩さんの戒名についても触れています(笑))、また実際に戒名を自分でつけるとして予想される問題点の解決法などにも言及し、この一冊で戒名に関する基礎知識はバッチリ! という構成になっております。

 自分で考えるのは難しいなあと思う方には、従来の子どもの名づけブックのように豊富な戒名の例も掲載。お寺さんに戒名をお願いする場合にも、知識があるとないのとでは全然違いますから、ぜひ一度お読みいただければと思います。
スポンサーサイト

* コメント *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mongamioko.blog36.fc2.com/tb.php/267-7e7b3e77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

一月読書まとめ *TOP* 一個人 3月号

プロフィール

門賀美央子

Author:門賀美央子
名前 : 門賀美央子
     (もんが・みおこ)
職業 : フリーライター
メールアドレス : info@monga.jp
※スパム対策として@を全角文字にしております。メールを下さる場合は、@を半角に直してください。

主な執筆分野は
・人物インタビュー
・文芸諸ジャンル
・仏教など宗教系
・神社仏閣/伝説探訪記事
・日本の伝統芸能/文学
・サブカルチャー系「歴史・民俗」「オカルト」などのジャンル
・各種書籍構成

 WEB幽連載記事「全国神社仏閣お化けつき 」 
  URL: http://www.mf-davinci.com/yoo/index.php

 ブログ「百観音巡礼」
  URL: http://ameblo.jp/nihonjyunrei/

最近の記事

ご覧頂きありがとうございます!

フリーエリア

最近のトラックバック

最近のコメント

RSSリンク

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。