2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森 博嗣『DOG&DOLL』文庫版

DOG&DOLL (講談社文庫)DOG&DOLL (講談社文庫)
(2011/07/15)
森 博嗣

商品詳細を見る


 二年前、東京FM出版から発売された森博嗣音楽エッセィ集『DOG&DOLL』が講談社から文庫になって発売されることになりました。
 見本が手元に届いて、さっそくページをめくってみたのですが、まあ懐かしいこと。
 もちろん、元の本↓

DOG & DOLLDOG & DOLL
(2009/03/13)
森 博嗣

商品詳細を見る


は、手元にあるので「いつでもそれが見られるんだから懐かしいというのはおかしいじゃないか」など、ご意見もあろうかとは思いますが、そういう問題でないのです。懐かしいものは懐かしい。

 この書籍では対談のまとめなどをお手伝いしたのですが、初めて森さんにお目にかかった時はそれはもう緊張しました。私にとっての講談社ノベルズといえば森博嗣か京極夏彦かという時期が長かったものですから。
 
 おまけに、この本の対談で、ある意味私の高校時代のカラーを決定したと言ってよい『究極超人あ~る』をお描きになったゆうきまさみさんにも会えるとなった時には、東京の暗い星空に向かって「神様、ありがとう」とつぶやいたものでした。
 
 森さんのエッセィの魅力は、どこか浮世離れした洒脱さにある、と私は思っております。
 あと、ものすごく自分に正直なところ。おそらく、「お世辞」とか「お追従」というところからもっとも遠く離れた場所に立っている、この世に数少ない人なのです。
 
 この文章を書きながらも、あの時はこうだったなあ、とか、あんなことをおっしゃっていたなあ、とか、いろいろと心に浮かんできて、思わず笑みが。

 そういえば、巻末についている「森博嗣的音楽環境」の撮影のためにお家に伺ったときに、お庭で欠伸軽便鉄道にも乗せていただいたのでした。

 いやはや、本当に懐かしい。 
スポンサーサイト

* コメント *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mongamioko.blog36.fc2.com/tb.php/294-5dadc7dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダ・ヴィンチ9月号 *TOP* 『ダ・ヴィンチ8月号』

プロフィール

門賀美央子

Author:門賀美央子
名前 : 門賀美央子
     (もんが・みおこ)
職業 : フリーライター
メールアドレス : info@monga.jp
※スパム対策として@を全角文字にしております。メールを下さる場合は、@を半角に直してください。

主な執筆分野は
・人物インタビュー
・文芸諸ジャンル
・仏教など宗教系
・神社仏閣/伝説探訪記事
・日本の伝統芸能/文学
・サブカルチャー系「歴史・民俗」「オカルト」などのジャンル
・各種書籍構成

 WEB幽連載記事「全国神社仏閣お化けつき 」 
  URL: http://www.mf-davinci.com/yoo/index.php

 ブログ「百観音巡礼」
  URL: http://ameblo.jp/nihonjyunrei/

最近の記事

ご覧頂きありがとうございます!

フリーエリア

最近のトラックバック

最近のコメント

RSSリンク

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。