2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『プリズム』百田尚樹

 先週末から今週にかけて、幻冬舎より発売された百田尚樹の新刊『プリズム』の新聞広告が掲載されたのをご覧になった方も多いかと思います。
 そちらに推薦コメントを寄せております。

プリズム新聞広告

 中江有里さんと名前が並んでいるのを見た瞬間、冷や汗ものでした(笑)。

プリズムプリズム
(2011/10/06)
百田 尚樹

商品詳細を見る


 この作品、著者いわく「最初にして最後の恋愛小説」なのだとか。
 常に、従来にはない発想の作品を読ませてくれる百田小説ですが、今回も例外ではありません。恋愛小説と銘打ちながらも、そこは百田さんですから、単なる甘やかな感情を書くはずがない。私としては、これほど左脳を使いながら読んだ「恋愛小説」は初めてでした。

 主人公の聡子は、非常に理性的であり、現実的な性格の女性として造形されている。それゆえ、夫との穏やかな生活の代償が物足りなさを受け入れることだと理解しているのです。それなのに、恋に落ちてしまう。その理由はたった一つ。相手があまりに風変わりだったから。
 大人の恋ですから、スタートラインが情熱ではなく興味であってもおかしくない。しかも、この恋は成就したところで実らないことが予め定められているいびつな恋なのです。
 ラストがさよならである恋愛小説は少なくない。でも、ここまで決定的なさよならは、ちょっとありえない。「天国で会いましょう」すら許されないんですから。

 それが一体どんな恋なのか。興味がある方は、本を手にとってみてください。 
スポンサーサイト

* コメント *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mongamioko.blog36.fc2.com/tb.php/301-586d8f9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「プリズム」百田尚樹

いま目の前にいるのは、私が愛した“あなた”ですか? かつて誰も経験したことのない、切なくミステリアスな恋愛の極致!! 「僕は、実際には存在しない男なんです」 世田谷に古い...

「仏教聖典を初歩英語で学ぶ会」 *TOP* 10月の仕事もろもろ

プロフィール

門賀美央子

Author:門賀美央子
名前 : 門賀美央子
     (もんが・みおこ)
職業 : フリーライター
メールアドレス : info@monga.jp
※スパム対策として@を全角文字にしております。メールを下さる場合は、@を半角に直してください。

主な執筆分野は
・人物インタビュー
・文芸諸ジャンル
・仏教など宗教系
・神社仏閣/伝説探訪記事
・日本の伝統芸能/文学
・サブカルチャー系「歴史・民俗」「オカルト」などのジャンル
・各種書籍構成

 WEB幽連載記事「全国神社仏閣お化けつき 」 
  URL: http://www.mf-davinci.com/yoo/index.php

 ブログ「百観音巡礼」
  URL: http://ameblo.jp/nihonjyunrei/

最近の記事

ご覧頂きありがとうございます!

フリーエリア

最近のトラックバック

最近のコメント

RSSリンク

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。