2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評二本 神の山と人の呪い

 小説推理12月号に浅田次郎の新刊『神坐す山の物語』の書評を寄稿しております。


小説推理 2014年 12月号 [雑誌]小説推理 2014年 12月号 [雑誌]
(2014/10/27)
不明

商品詳細を見る


 つい最近まで、東京の喧騒から一時間少しで、神気漂う聖地があった、というお話です。
↓こちらからご覧いただけますので、よろしければ。
http://www.futabasha.co.jp/bookreview/

 また、本の旅人11月号に花房観音の新刊『神さま、お願い』の書評を寄稿しております。


神さま、お願い神さま、お願い
(2014/10/30)
花房観音

商品詳細を見る


こんなはずじゃなかったのに――京都は下鴨神社近くの暗い神社。学業成就、縁結び、家内安全、商売繁盛…日夜一心不乱に手を合わせる女たちの花びらを一枚めくりあげれば、脈打つのは滴る蜜か、どす黒い血か――!?



 この話、ものすごく狭い定義でしか幸せを考えられない人にぜひ読んでもらいたいのです。

「女の幸せは結婚よね」
「子供を授かることよね」
「パートナーのいない人生なんてね」
「仕事の成功こそ幸せよ」

 まあ、とかく人は物事を定義したがるものですが、幸せの定義ほど自己肯定に都合よく使われるものはありません。
 さらにいうと、その自己肯定は他者否定を伴いがち。
 だから自分と人を比べ、あっちが幸せでこっちは不幸だとか、あの人に比べたらまだしも自分はとか、ほんとどうでもいいことでしか満足を得られなくなってしまう。
 その手の陥穽にはまった女たちの物語が「家内安全」とか「恋愛成就」とか、神社に行けばいくらでも見られる言葉をキーワードに書かれています。

 生々しいだけにまじで怖いですけど、それだからこそおもしろいし、いい勉強になりますよ、本当に。
スポンサーサイト

* コメント *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mongamioko.blog36.fc2.com/tb.php/356-bfa47013
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東直子『いとの森の家』レビュー *TOP* Cafe de Mei の撮影

プロフィール

門賀美央子

Author:門賀美央子
名前 : 門賀美央子
     (もんが・みおこ)
職業 : フリーライター
メールアドレス : info@monga.jp
※スパム対策として@を全角文字にしております。メールを下さる場合は、@を半角に直してください。

主な執筆分野は
・人物インタビュー
・文芸諸ジャンル
・仏教など宗教系
・神社仏閣/伝説探訪記事
・日本の伝統芸能/文学
・サブカルチャー系「歴史・民俗」「オカルト」などのジャンル
・各種書籍構成

 WEB幽連載記事「全国神社仏閣お化けつき 」 
  URL: http://www.mf-davinci.com/yoo/index.php

 ブログ「百観音巡礼」
  URL: http://ameblo.jp/nihonjyunrei/

最近の記事

ご覧頂きありがとうございます!

フリーエリア

最近のトラックバック

最近のコメント

RSSリンク

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。