2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪 vol.23

 「怪」という雑誌があります。
 今から十年前の一九九七年、世界妖怪協会の機関誌という位置づけで創刊されました。
 この「世界妖怪協会」なる謎の組織は、あの水木しげる大先生(おおせんせい、と読みます)が提唱し、設立されたものなのですが、その実体はというと「要は、妖怪好きな人が集まって、話をするところ」(公式サイトの水木大先生のお言葉より)なんだそうです。
 内容は、その名前の通り、主に妖怪関係もしくは水木大先生関係のネタを中心に、バラエティに富んだ怪しい記事を掲載するマニアックな雑誌なのですが、京極夏彦さんが第一三〇回直木賞をお穫りになった「後巷説百物語(のちのこうせつひゃくものがたり)」は、実はこの雑誌に連載されていたものでした。
 現時点での最新刊「怪 vol.23」は、「世界妖怪協会」発起人でいらっしゃる荒俣宏さんと京極夏彦さんのお二人を特集しております。ページ数といい、内容の濃さといい、まさにファン垂涎の一冊なのですが、門賀はこの中の「『帝都物語』シリーズの主要登場人物録」の執筆と「『帝都物語』シリーズ人物相関図」、そして「京極作品相関図」の作図を担当させていただきました。
 荒俣さんの『帝都物語』、そして京極さんの一連の作品は、どちらも愛読書であり、大きな影響を与えられた物語でしたので、大変光栄かつ楽しい仕事でした。
 ただ、どちらの作品も登場人物の多さ、そして跨る時代の長さは半端ではなく、中々一筋縄でいくものではありません。全作品を首っ引きで読み返し、掲載する人物を決定するだけでも一仕事、さらにそれを相関図に落とすとなると……。両先生の作品とも、人物に巧みな伏線が張り巡らされていますので、表現のさじ加減が難しい。ずいぶんと頭を痛めました。
 それだけに、出来上がった時のうれしさといったら! 手前味噌ながら、なかなかの力作になった思っているのですが。

 今号からは、京極さんの『西巷説百物語』、化野燐さんの『妖怪プロファイリング』、多田克己さんの『妖怪学入門』など、新連載が目白押し。新たに定期購読し始めるにも恰好のタイミングですので、ぜひご覧いただければと思います。


怪 vol.23 (23) (カドカワムック 257)怪 vol.23 (23) (カドカワムック 257)
(2007/08)
不明

商品詳細を見る


【掲載ページ】
『帝都物語』シリーズの主要登場人物録  P34
『帝都物語』シリーズ人物相関図  P38
京極作品相関図  P76
スポンサーサイト

* コメント *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mongamioko.blog36.fc2.com/tb.php/5-63d47302
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ビジネス書の仕事 *TOP* 魔法魔術の謎と不思議(ヴィジュアル版 謎シリーズ)

プロフィール

門賀美央子

Author:門賀美央子
名前 : 門賀美央子
     (もんが・みおこ)
職業 : フリーライター
メールアドレス : info@monga.jp
※スパム対策として@を全角文字にしております。メールを下さる場合は、@を半角に直してください。

主な執筆分野は
・人物インタビュー
・文芸諸ジャンル
・仏教など宗教系
・神社仏閣/伝説探訪記事
・日本の伝統芸能/文学
・サブカルチャー系「歴史・民俗」「オカルト」などのジャンル
・各種書籍構成

 WEB幽連載記事「全国神社仏閣お化けつき 」 
  URL: http://www.mf-davinci.com/yoo/index.php

 ブログ「百観音巡礼」
  URL: http://ameblo.jp/nihonjyunrei/

最近の記事

ご覧頂きありがとうございます!

フリーエリア

最近のトラックバック

最近のコメント

RSSリンク

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。